« 民主党小沢報道に思う | トップページ | 洋画「バンコック・デンジャラス」 »

洋画「マックス・ペイン」

 スローモーションを効かせた暴力描写を取り入れて、世界中を熱狂させたコンピューター・ゲーム「MAX PAYNE」を映画化したアクション・サスペンス。妻子を殺害されたニューヨーク市警の刑事が、その犯人を追ううちにある陰謀に巻き込まれていく。孤独で陰のある刑事を演じるのは、『ディパーテッド』のマーク・ウォールバーグ。監督は『エネミー・ライン』『オーメン』のジョン・ムーア。神話と現実が一つの画面に見事に混在する、独特の映像世界は圧巻。

 ちょっと期待外れかも。

おすすめ度  ★★★☆☆

原題: MAX PAYNE
製作年度: 2008年
監督: ジョン・ムーア
上映時間: 100分
キャスト:マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス、ボー・ブリッジス

20090224001fl00001viewrsz15

|

« 民主党小沢報道に思う | トップページ | 洋画「バンコック・デンジャラス」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/31327676

この記事へのトラックバック一覧です: 洋画「マックス・ペイン」:

« 民主党小沢報道に思う | トップページ | 洋画「バンコック・デンジャラス」 »