« 洋画「ジョージアの日記」 | トップページ | 韓国ドラマ「宮S」 »

情けない自民党総裁選

 数字は正直である。今回の投票数は、今回の自民党総裁選の実態を如実に表している。今回の総裁選は、派閥のボスたちが何とかその力を保持すべく性懲りもなく蠢(うごめ)いた。
 如実にそのことを表しているのが、西村氏の43票という議員票である。地方票は11票しか出なかった。世代交代・脱派閥という若者連合(党改革派)を阻止するために押し立てた西村氏に票をある程度回したのである。だが、そんなことは大っぴらには言えない。

 しかし、そんな意図はすぐに解ることだ。この後味の悪さ・・・が自民党大敗の原因だったということを、まだ解っていないようだ。

 派閥の長老を批判する河野氏の足を引っ張るだけの目的で出馬した西村氏。この男も断れなかったことで自業自得である。今後、誰も彼を信用しないだろう。

 こんな情けない総裁選をするために、衆院選挙から敗北して2週間も何もせずほっておいたのかと唖然とする。

 自民党再生の道筋が見えない。

|

« 洋画「ジョージアの日記」 | トップページ | 韓国ドラマ「宮S」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/31566739

この記事へのトラックバック一覧です: 情けない自民党総裁選:

« 洋画「ジョージアの日記」 | トップページ | 韓国ドラマ「宮S」 »