« 洋画「7つの贈り物」 | トップページ | 洋画「プリティ・ウーマン」 »

洋画「ラースと、その彼女」

 アカデミー賞脚本賞にノミネートされた、ハートウォーミングな人間ドラマ。インターネットで注文した等身大のリアルドールとの恋愛関係に没頭する青年と、彼を取り巻く町の人々の人間模様が展開する。リアルドールに恋をする主人公ラースを演じるのは『きみに読む物語』のライアン・ゴズリング。監督は本作が初の劇場公開作品となるCM作家クレイグ・ギレスピー。型破りな設定と、ユーモラスかつ丁寧に描き上げられた人間ドラマが魅力。

 人付き合いが苦手な好青年ラースを包む街の人々が暖かい。ほっとする映画である。

おすすめ度  ★★★★☆

原題: LARS AND THE REAL GIRL
製作年度: 2007年
監督: クレイグ・ギレスピー
上映時間: 106分
キャスト:ライアン・ゴズリング、エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー


20081006010fl00010viewrsz15

|

« 洋画「7つの贈り物」 | トップページ | 洋画「プリティ・ウーマン」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/31230172

この記事へのトラックバック一覧です: 洋画「ラースと、その彼女」:

« 洋画「7つの贈り物」 | トップページ | 洋画「プリティ・ウーマン」 »