« 洋画「シャイニング」 | トップページ | 洋画「バーン・アフター・リーディング」 »

洋画「ロリータ」

 ナボコフの同名小説をキューブリックが映画化した問題作。夏を過ごそうと田舎町で下宿するハンバートに、未亡人シャーロットは積極的だが、当のハンバートは彼女の娘・ロリータに心奪われていた。やがてハンバートとシャーロットは結婚するが、夫が娘を愛してる事を知ったシャーロットは逆上のあまり事故死してしまう。心置きなく二人だけの暮らしと相成るはずだったが、近所の視線も気になり、ハンバートはロリータを連れて車で旅に出るのだが……。
 この映画も二度目だが、内容はすっかり忘れていた。久しぶりに観て、面白かった。ラストの場面が冒頭に出て来るので、最初は何がなんだか解らないが、最後に納得。ロリコンとロリータの関係は?

おすすめ度  ★★★★★

原題: LOLITA
製作年度: 1961年
監督: スタンリー・キューブリック
上映時間: 153分
キャスト:ジェームズ・メイソン、スー・リオン、シェリー・ウィンタース

4_40162

|

« 洋画「シャイニング」 | トップページ | 洋画「バーン・アフター・リーディング」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/31765405

この記事へのトラックバック一覧です: 洋画「ロリータ」:

« 洋画「シャイニング」 | トップページ | 洋画「バーン・アフター・リーディング」 »