« 洋画「ラストサムライ」 | トップページ | 洋画「消されたヘッドライン」 »

邦画「武士の一分」

20060202001fl00001viewrsz150x

 テレビで観る。前にDVDで観たが、木村拓哉、檀れい、笹野高史のキャストがいい。日本映画でしか出ない味がある。

 山田洋次監督の藤沢周平時代劇映画化三部作の最後を飾るヒューマンドラマ。主演に『2046』で世界にも活躍の場を広げた木村拓哉を迎え、幕末に生きる武士の名誉と夫婦のきずなを描く。妻役の檀れいやかたき役の坂東三津五郎ほか、緒形拳や桃井かおりなど、日本を代表とする実力派俳優が勢ぞろいする。「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味。そのタイトルが指し示す人間ドラマは、観るものの心を揺さぶる感動巨編。

おすすめ度   ★★★★★

製作年度: 2006年
監督: 山田洋次
上映時間: 121分
キャスト:木村拓哉、檀れい、笹野高史

|

« 洋画「ラストサムライ」 | トップページ | 洋画「消されたヘッドライン」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/32766796

この記事へのトラックバック一覧です: 邦画「武士の一分」:

« 洋画「ラストサムライ」 | トップページ | 洋画「消されたヘッドライン」 »