« 中国映画「初恋のきた道」 | トップページ | 邦画「ディア・ドクター」 »

洋画「G.I.ジョー」

 なんとも盛りだくさんの映画である。舞台もアメリカ、日本、上海、パリ、エジプト、南極と目まぐるしい。アクションも派手だ。盛りだくさんで満腹過ぎて食傷気味という感じだ。敵の3人が生き残り、続編が出そうな予感。

 人気フィギュアから派生した1980年代のテレビアニメ「地上最強のエキスパート・チームG.I.ジョー」をベースにした実写作品。国際機密部隊“G.I.ジョー”と悪の組織“コブラ”の激しい攻防が展開する。監督は『ハムナプトラ』シリーズのスティーヴン・ソマーズ。『ステップ・アップ』のチャニング・テイタム、韓流スターのイ・ビョンホンら、豪華キャストが顔をそろえている。登場するさまざまなガジェットや常識を超えるアクション・シーンが見どころ。

おすすめ度  ★★★★☆

原題: G.I. JOE: THE RISE OF COBRA
製作年度: 2009年
監督: スティーヴン・ソマーズ
上映時間: 118分
キャスト:チャニング・テイタム、レイチェル・ニコルズ、マーロン・ウェイアンズ


Gi

|

« 中国映画「初恋のきた道」 | トップページ | 邦画「ディア・ドクター」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/33117822

この記事へのトラックバック一覧です: 洋画「G.I.ジョー」:

« 中国映画「初恋のきた道」 | トップページ | 邦画「ディア・ドクター」 »