« 韓国映画「チャーミング・ガール」 | トップページ | 洋画「ラブリー・ボーン」 »

施政方針演説

 鳩山首相による施政方針演説が行われた。今日の新聞で1ページにわたる全文に目を通した。
「具体性に欠ける」 と批判するのは容易いが、具体性を出すと、また理念がないと批判されるんだろう。野党が文句を言うのは仕事だとしても、素直に共感できた。

 因みに、ガンジーのいう「七つの大罪」の引用とは・・・

1.原則なき政治
2.道徳なき商業
3.労働なき富
4.人格なき教育
5.人間性なき科学
6.良心なき快楽
7.犠牲なき宗教

 演説の時間は、1時間弱。テレビのニュースでは割愛して紹介はされるものの、内容の事よりも野次がすごいとか、批判ばかりが報道される。批判するのは、自由だが、是非、NHKあたりで、野次のない環境で国民に向けて首相が語る番組が出来ないかと思う。日本の行く末を考える意味でも、民主党がこれからどのような方針・理念で政治を行うかも、解るはずだ。

 それも、テレビの役目の一つだと思うがどうだろうか。

 えげつない野次の中での施政方針演説を見て、日本の政治家や国会に、うんざりするのは、私だけではないだろう。

|

« 韓国映画「チャーミング・ガール」 | トップページ | 洋画「ラブリー・ボーン」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/33182194

この記事へのトラックバック一覧です: 施政方針演説:

« 韓国映画「チャーミング・ガール」 | トップページ | 洋画「ラブリー・ボーン」 »