« 洋画「D-WARS」 | トップページ | 洋画「路上のソリスト」 »

洋画「アバター」

 話題作「アバター」を3D(吹き替え)で観る。まさに異次元の面白さ。50年ほどタイムスリップして近未来の映画を観ているような感覚に囚われた。162分と長いが気にならない。(ちょっと目が疲れた)
 SFアドベンチャー映画という枠を超える迫力と斬新さに感動した。2010年にこれを超える映画が出るとは思えない。

 『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力の最新3D映像で見せる。出演者は『ターミネーター4』のサム・ワーシントンほか、キャメロン監督とは『エイリアン2』以来久々にタッグを組むことになるシガーニー・ウィーヴァーら実力派が顔をそろえる。構想14年、製作に4年をかけたキャメロン監督による壮大な物語と斬新な映像美に酔いしれる。

おすすめ度  ★★★★★★★(星7つ)

原題: AVATAR
製作年度: 2009年
監督: ジェームズ・キャメロン
上映時間: 162分
キャスト:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー

Photo

|

« 洋画「D-WARS」 | トップページ | 洋画「路上のソリスト」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/32955605

この記事へのトラックバック一覧です: 洋画「アバター」:

« 洋画「D-WARS」 | トップページ | 洋画「路上のソリスト」 »