« 洋画「アバター」2 | トップページ | 洋画「プラダを着た悪魔」 »

「小沢」対「検察」

 昨日、「陸山会」が強制捜査を受けた。

 この問題について私見を述べよう。小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」が2004年の政治資金収支報告書に記載していない4億円の資金を土地購入費などに充てたとされる問題を巡る一連の報道である。

 マスコミや評論家は総じて「説明責任を果たせ」との大合唱である。ここで不思議なのは、小沢がどんな説明をすれば彼らは納得するのだろうか? 小沢にしてみれば、東京地検はもちろん、それを唯一反転攻勢の拠り所とする野党自民党も、なんの検証もせずに地検のリークを報道するマスコミも敵なのである。彼らは、小沢がどんな説明をしても納得するはずもなく、議員辞職をするまで一方的に攻撃するだろう。

 彼らのの目的は、「田中角栄」や「金丸信」のように、小沢一郎の政治生命を経つことである。小沢なき民主党は組みしやすい。昨年、地検は「西松問題」で小沢党首(当時)にターゲットを絞り、民主党による政権交代を阻止しようとした。結果、小沢は、代表は辞任したものの「政権交代」後に幹事長に納まり、絶大な権力を手にした。これは、検察の敗北だったと言われている。そして第二幕が、この4億円の土地購入問題だ。この原資を、水谷建設、鹿島の収賄資金と見て証拠固めをするための「強制捜査」なのだ。

 これは生き残りをかけた戦争だ。「小沢つぶし」を執拗に仕掛ける東京地検とそれに追随するマスコミ。ここを何とか乗り切って、民主党の政治基盤を確立したいという小沢一郎という政治家の戦いだ。

 不公平なのは、マスコミが報道する毎に、「小沢=悪」というイメージが醸成されることだ。「西松問題」の時も、地検は何の証拠も確定できなかったが、結局は代表を辞任せざるをえなかった。

 今回も、最後まで追いつめられなくても、小沢のイメージダウンという成果は得られる。

 このままだと、夏の参議院選は、民主党が圧勝する勢いと言われる。このままだと完敗となる。一矢報いるには、決定的なスキャンダルを探しだし、世論を「反民主」に誘導することだ。検察が動き、利害が一致する「自民党」は、国会で追求する。
こんなシナリオは、誰でも想像できる。

 もうひとつ。

 わが国の政権交代は先進諸国の政権交代と違い、長年続いた一党政治が変わったという意味で、これまでの既得権益には厳しい筈である。「事業仕分け」に抗議していたのは、既得権益側の人間である。だからもっと激しい反撃の声があちこちから上がると思っていた。しかし、最も声を上げているのはマスコミである。まるで、マスコミが霞が関をはじめとする既得権益の声を代弁しているようだ。

 この国の「報道」は一体どうなってしまったのだろう。

|

« 洋画「アバター」2 | トップページ | 洋画「プラダを着た悪魔」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/32993669

この記事へのトラックバック一覧です: 「小沢」対「検察」:

« 洋画「アバター」2 | トップページ | 洋画「プラダを着た悪魔」 »