« 邦画「252生存者あり」 | トップページ | 邦画「夢をかなえるゾウ」 »

邦画「アマルフィ」

『ホワイトアウト』の映画化も印象深い真保裕一の同名小説を原作に、イタリアで起きた日本人少女失踪(しっそう)事件の謎に迫るサスペンス・ミステリー超大作。監督は『容疑者Xの献身』の西谷弘。事件の真相に迫る外交官・黒田を織田裕二、娘を誘拐されてしまう母・紗江子を天海祐希が演じる。また、ソプラノ歌手サラ・ブライトマンが出演し、主題歌も担当。オール・イタリアロケを敢行して撮られた、壮大なスケールの美しい映像にも注目だ。
 オールイタリアロケとは恐れ入る。舞台が海外になると何故かとってつけたような映像になりがちだが、この映画はそんな違和感がない。それだけでも画期的だと言えよう。シナリオもしっかりしているし、イタリアの各地を使っているのも観光に来たようで楽しい。アマルフィには一度だけ行ったことがある。道路が狭いし、山から海岸までの距離が近いのが印象に残っている。山の斜面に住宅がへばりついているちいさな街なので、ロケ地も見覚えがあるところが多かった。記憶が戻り懐かしい思いをさせてもらった。

おすすめ度  ★★★★★

製作年度: 2009年
監督: 西谷弘
上映時間: 125分
キャスト:織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香

Photo

|

« 邦画「252生存者あり」 | トップページ | 邦画「夢をかなえるゾウ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/32904430

この記事へのトラックバック一覧です: 邦画「アマルフィ」:

« 邦画「252生存者あり」 | トップページ | 邦画「夢をかなえるゾウ」 »