« SFアニメ「APPLESEED アップルシード」 | トップページ | 機動戦士ガンダム MS IGLOO 1年戦争秘録(1) »

邦画「20世紀少年・最終章/ぼくらの旗」

 浦沢直樹による累計発行部数2,700万部を突破したベストセラーコミック「20世紀少年」を、邦画史上初の3部作で実写映画化した最終章。フィナーレを飾る今作では、世界大統領として君臨する“ともだち”に支配された日本を舞台に、反政府組織として武装蜂起する氷の女王・カンナと秘密基地のメンバーたちが、ともだちの独裁に立ち向かう。“しんよげんの書”の全ぼうやともだちの正体、そして原作とは異なる展開から目が離せない。

 全2作は、映画館で観たが、この最終章は見ていない。

 DVDがやっと、レンタル開始されたので観る。全2作は、2008年の公開でこの最終章は2009年の公開、この間は頂けない。もうどうでも良くなってしまう。ここまで待たされたら、DVDのレンタルまで待とうと思ったのである。

 そして、今回、この映画「こんなに馬鹿馬鹿しい内容だったのか」と思ってしまった。全2作では、感じなかった感想だ。3部作という長さにも魅力を感じたし、謎めいた展開に、ワクワクした記憶がある。このギャップは、映画館とDVDの差なのか、間の期間なのか。テンポよく封切りされていたら、間違いなく、映画館に足を運び、印象も変わっていただろう。

おすすめ度  ★★☆☆☆

製作年度: 2009年
監督: 堤幸彦
上映時間: 155分
キャスト;唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子

20


|

« SFアニメ「APPLESEED アップルシード」 | トップページ | 機動戦士ガンダム MS IGLOO 1年戦争秘録(1) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/33526553

この記事へのトラックバック一覧です: 邦画「20世紀少年・最終章/ぼくらの旗」:

« SFアニメ「APPLESEED アップルシード」 | トップページ | 機動戦士ガンダム MS IGLOO 1年戦争秘録(1) »