« 洋画「ラブリー・ボーン」 | トップページ | 洋画「魔法をかけられて」 »

洋画「ホワイト・プリンセス」

 プリンセスものの一つの映画だが、大統領の娘の場合は・・・という映画か。大学に入学して、恋に落ちた相手の学生が実はシークレットサービスだったというのが、話のメインだが、もっと事件を期待してたが、あてがはずれた。

 サマンサはアメリカ大統領の大切な一人娘。当然、どんなときでも彼女の周囲ではいかついシークレットサービスが眼を光らせ、その身を厳重に警護していた。ところが、大学生になったサマンサは普通の女の子として学園生活をエンジョイしたいと強く主張する。仕方なくその要求を受け入れた大統領だったが、心配性の彼は、サマンサには内緒で、学生になりすました若いシークレットサービスを学園に送り込むのだった…。

おすすめ度  ★★★☆☆

原題: FIRST DAUGHTER
製作年度: 2004年
監督: フォレスト・ウィッテカー
上映時間: 104分
キャスト:ケイティ・ホームズ、マーク・ブルカス、マイケル・キートン


Photo_2

|

« 洋画「ラブリー・ボーン」 | トップページ | 洋画「魔法をかけられて」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/33203860

この記事へのトラックバック一覧です: 洋画「ホワイト・プリンセス」:

« 洋画「ラブリー・ボーン」 | トップページ | 洋画「魔法をかけられて」 »