« 洋画「ウルヴァリン X-MEN ZERO」 | トップページ | 偏向報道の理由 »

邦画「涼宮ハルヒの憂鬱」

 2010年2月6日に公開された劇場版「涼宮ハルヒの消失」が人気だ。「京アニ」と言われる「京都アニメーション」が制作するアニメーションだが、何故こんなにも人気なのか気になって、このDVDを借りた次第。
 「涼宮ハルヒの消失」は、劇場版だが、この「涼宮ハルヒの憂鬱」は、作りがたぶん違う。夏休みをあと2週間を残すだけとなった「SOS団」の団長「涼宮ハルヒ」が、キョンをはじめとする団員を招集して、やり残した遊びを徹底的に実践するというストーリーだ。他愛も無いストーリーだが、2つ目のストーリーも全く同じ展開で微妙に違うストーリー(デジャブー)が展開する。つまり、未来へ進む事のない繰り返しの時間のサイクルにハマってしまったのだ。

 人気の秘密がまだ、よく解らないが、美少女アニメにSFの要素を絡めたようなものらしい。キャラクターも謎めいていて、ファンは理解しているだろうが、初心者では、このDVDだけでは解らなかった。どうも、「SOS団」の女の子の一人は宇宙人らしい?
 
 やはり、劇場版「涼宮ハルヒの消失」を観なければ、始まらないようだ。「アバター」とは別の意味で、新しい映像の形なのかもしれない。

 ハルヒシリーズ初の「公式ギャグマンガ」として、2007年より「月刊少年エース」などに連載。既刊3巻で累計100万部の売り上げを記録した癒し系4コママンガのアニメ化作品。動画サイト「YouTube」の角川アニメチャンネルで、09年2〜5月に放映される。
 
おすすめ度 ?????

製作年度: 2009年
監督: 武本康弘
キャスト・スタッフ:平野綾、杉田智和、後藤邑子

Photo_2


|

« 洋画「ウルヴァリン X-MEN ZERO」 | トップページ | 偏向報道の理由 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/33388247

この記事へのトラックバック一覧です: 邦画「涼宮ハルヒの憂鬱」:

« 洋画「ウルヴァリン X-MEN ZERO」 | トップページ | 偏向報道の理由 »