« 機動戦士ガンダム MS IGLOO 黙示録0079(2) | トップページ | アニメ「MS IGLOO 2 重力戦線(1)」 »

機動戦士ガンダム MS IGLOO 黙示録0079(3)

 第3巻「雷鳴に魂は還る」 


 U.C.0079.12.31、ついに1年戦争の天王山「ア・バオア・クー攻防戦」の火蓋は切られた。ア・バオア・クーの各フィールドでは数多くの戦闘光が確認できる。
 その頃、ヨーツンヘイムブリッジのメインモニターに謎のモビルアーマーの図面が写る、「MA−05Ad ビグ・ラング」。そしてカスペン大佐は苛立ちながら、プロホノウ艦長をはじめブリッジにいるヨーツンヘイムクルーに防衛司令部の命令を言い放つ。このモビルアーマーを以ってEフィールドを防衛せよ、と。

 戦況不利となり退却を余儀なくされるジオン軍。特攻するかのようにEフィールドに向かうヨーツンヘイム。防衛戦闘のために大量に投入されるオッゴと年少兵たち。ザク・マシンガンを放ち応戦するヅダ。任務を遂行するビグ・ラング。もはや形勢は押し返すことは無いというのに・・・。そして遂に、地球連邦軍は、ア・バオア・クーに着岸した。Eフィールドで、ヨーツンヘイムは、雲霞の如き地球連邦軍モビルスーツ群の猛攻に曝される。

 マイやキャディラック、そして第603技術試験隊の運命はいかに?


 主人公のマイ、女性中尉のキャディラック、プロホノウ艦長、カスペン大佐とやっと名前を覚えたのに、この卷で終わりか。マイとキャディラックは恋をしていたのか? 疑問が残るなか、最後の決戦に赴いていった。

 MS IGLOOというネーミングだが、エムエスとナレーションで言っていたので、たぶん「モビルスーツ」の略なのだろうか?

3


|

« 機動戦士ガンダム MS IGLOO 黙示録0079(2) | トップページ | アニメ「MS IGLOO 2 重力戦線(1)」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/33596819

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム MS IGLOO 黙示録0079(3):

« 機動戦士ガンダム MS IGLOO 黙示録0079(2) | トップページ | アニメ「MS IGLOO 2 重力戦線(1)」 »