« 邦画「未来予想図」 | トップページ | 米軍普天間飛行場の移設案 »

洋画「2012」

 マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。偶然にも地球の危機を知ってしまうリムジン運転手に『ハイ・フィデリティ』のジョン・キューザックがふんし、大事な家族を守るために奔走する。大地震、火山噴火、津波など最新CG技術による迫力ある映像に注目。

 3月に上海行きのJALの中で観るも途中まで。レンタルでやっと借りられ、観ることができた。しかし、DVDの調子が悪く、ロシア製の大型輸送機に乗って中国に向かうところでストップしてしまった。

 ノアの箱船のように、地球を脱出するようだが、どこに行くのか? 気になる。

おすすめ度  ☆☆☆


原題: 2012
製作年度: 2009年
監督: ローランド・エメリッヒ
上映時間: 158分
キャスト:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート

20121


|

« 邦画「未来予想図」 | トップページ | 米軍普天間飛行場の移設案 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/34104361

この記事へのトラックバック一覧です: 洋画「2012」:

« 邦画「未来予想図」 | トップページ | 米軍普天間飛行場の移設案 »