« 洋画「トロピック・サンダー」 | トップページ | 解散総選挙はあるか »

洋画「Mr.ブルックス」

 ケヴィン・コスナーが、抑えられない殺人衝動を持て余す連続殺人鬼を怪演するサイコ・スリラー。監督は『スタンド・バイ・ミー』の脚本家ブルース・A・エヴァンス。殺人鬼ブルックスを追い詰める女性刑事をデミ・ムーア、ブルックスにかかわるカメラマンを『噂のアゲメンに恋をした!』のデイン・クックが演じる。本人自ら続編を望んでいるというほどハマったケヴィンの殺人鬼ぶりと、人間の狂気をえぐったサスペンスフルな展開が見どころだ。

 普通なら連続殺人鬼を追う刑事役をケヴィン・コスナーが演じるだろう。しかし、この映画は連続殺人鬼役がケヴィン・コスナーだ。追う刑事がデミ・ムーアだ。面白くないわけがない。

おすすめ度 ☆☆☆☆

原題: MR. BROOKS
製作年度: 2007年
監督: ブルース・A・エヴァンス
上映時間: 120分
キャスト、ケヴィン・コスナー、デミ・ムーア、デイン・クック

Mr


|

« 洋画「トロピック・サンダー」 | トップページ | 解散総選挙はあるか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/34249987

この記事へのトラックバック一覧です: 洋画「Mr.ブルックス」:

« 洋画「トロピック・サンダー」 | トップページ | 解散総選挙はあるか »