« 邦画「ALWAYS/三丁目の夕日」 | トップページ | 洋画「悪魔に呼ぶ海へ」 »

洋画「ハート・ブルー」

 「ハート・ロッカー」で史上初の女性によるアカデミー監督賞を受賞したキャスリン・ビグローの作品。彼女の作品は「K-19」しか観ていない。できるだけ観たいのだが、DVDレンタルされているのは、あまりないようだ。

 カリフォルニア、ベニス・ビーチで続発する銀行強盗。新人FBIのジョニー・ユタ(キアヌ・リーヴス)は、犯人一味はサーファーではないかというベテラン捜査官の推理を裏付けるため、ビーチに潜入するのだが……。K・リーヴス、P・スウェイジ主演、「ブルースチール」のK・ビグロー監督によるサスペンス・アクション。空と海で派手なアクションが展開される。

 まず、キアヌ・リーヴスが若いのに驚く。そして、この映画、2時間と結構長いが、あまり長いと感じさせないのはビグローのマジックか。。サーフィンやスカイダイビングなどの世界も興味深い。

おすすめ度  ☆☆☆☆

原題: POINT BREAK
製作年度: 1991年
監督: キャスリン・ビグロー
上映時間: 121分
キャスト:キアヌ・リーヴス、パトリック・スウェイジ、ロリ・ペティ

Photo


|

« 邦画「ALWAYS/三丁目の夕日」 | トップページ | 洋画「悪魔に呼ぶ海へ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/34222861

この記事へのトラックバック一覧です: 洋画「ハート・ブルー」:

« 邦画「ALWAYS/三丁目の夕日」 | トップページ | 洋画「悪魔に呼ぶ海へ」 »