« 「普天間問題」 | トップページ | 洋画「THE FOURTH KIND」 »

洋画「アリス・イン・ワンダーランド」

 児童小説家ルイス・キャロルが1865年に発表した「不思議の国のアリス」と、その続編「鏡の国のアリス」のヒロインであるアリスの新たな冒険を、ティム・バートン監督がイマジネーションあふれる世界観で描くファンタジー。アリスを演じるのはオーストリア出身の新進女優ミア・ワシコウスカ。ストーリーの鍵を握る重要なキャラクターである帽子屋を、バートン監督と7度目のコンビとなるジョニー・デップ。そのほかにヘレナ・ボナム=カーターやアン・ハサウェイら豪華キャストの出演も話題となっている。

 GWに3Dで観る。

 面白かったが、アバターほどの衝撃は無し。もっと子供っぽいメルヘンチックな映像を想像していたが、結構大人向き。

おすすめ度  ☆☆☆☆

原題: ALICE IN WONDERLAND
製作年度: 2010年
監督: ティム・バートン
上映時間: 109分
キャスト:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター

Photo


|

« 「普天間問題」 | トップページ | 洋画「THE FOURTH KIND」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/34550351

この記事へのトラックバック一覧です: 洋画「アリス・イン・ワンダーランド」:

« 「普天間問題」 | トップページ | 洋画「THE FOURTH KIND」 »