« 韓国映画「奇跡の夏」 | トップページ | 中国映画「鳳凰 わが愛」 »

邦画「沈まぬ太陽」

 人気作家・山崎豊子による同名ベストセラー小説を、壮大なスケールで映画化した社会派ドラマ。日本が経済大国へと急成長した激動の時代を背景に、巨大企業に翻弄(ほんろう)されながらも自らの信念を貫く男の姿を描く。監督は『ホワイトアウト』の若松節朗、脚本を『陽はまた昇る』の西岡琢也が担当。組織と闘う主人公を演じた渡辺謙をはじめ、三浦友和、石坂浩二など実力派俳優がそろったキャスティングにも注目。

 長い。たっぷり3時間と22分。DVDでは途中に10分の休憩(?)まである。映画2本分だよね。国民航空と名前は変えてあるが、誰が観てもJALのことだ。御巣鷹山に墜落し520名が亡くなった飛行機事故とその後の対応などで、上層部の体質を暴く。
 
 「JALの経営破綻」の原因が垣間みられる。官僚との癒着、組合への分断工作、利権を離そうとしない役員の改革阻止など、生臭い内容が盛りだくさんだ。

おすすめ度  ☆☆☆☆

製作年度: 2009年
監督: 若松節朗
上映時間: 202分
キャスト:渡辺謙、三浦友和、松雪泰子

Photo


|

« 韓国映画「奇跡の夏」 | トップページ | 中国映画「鳳凰 わが愛」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/34971488

この記事へのトラックバック一覧です: 邦画「沈まぬ太陽」:

« 韓国映画「奇跡の夏」 | トップページ | 中国映画「鳳凰 わが愛」 »