« 邦画「のんちゃんのり弁」 | トップページ | 洋画「96時間」 »

洋画「きみがぼくを見つけた日」

 異なる次元に引き裂かれる恋人たちの切ない運命を描き、アメリカで大ベストセラーとなった純愛小説を映画化。脚本は『ゴースト/ニューヨークの幻』のブルース・ジョエル・ルービン。主人公の恋人同士を『きみに読む物語』のレイチェル・マクアダムスと『ミュンヘン』のエリック・バナが演じている。製作総指揮にはブラッド・ピットも参加。時空を超える愛の行方と運命に打ち勝とうとする恋人たちの姿が感動を呼ぶ、珠玉のラブストーリー。

 自分の意志とは関係なくタイムトラベルしてしまう主人公と彼を愛する女性の愛を描く。彼の悩みは、タイムトラベルするといつも裸だということ。服を探すまでは何でもあり状態だ。いつ消えるか解らない夫を愛する妻は、彼の子供を宿すが・・・

おすすめ度  ☆☆☆☆

原題: THE TIME TRAVELER'S WIFE
製作年度: 2009年
監督: ロベルト・シュヴェンケ
上映時間: 110分
キャスト:エリック・バナ、レイチェル・マクアダムス、アーリス・ハワード

Photo


|

« 邦画「のんちゃんのり弁」 | トップページ | 洋画「96時間」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/34567901

この記事へのトラックバック一覧です: 洋画「きみがぼくを見つけた日」:

« 邦画「のんちゃんのり弁」 | トップページ | 洋画「96時間」 »