« 韓国映画「ナンパの定石」 | トップページ | 邦画「リンダリンダリンダ」 »

香港映画「イザベラ」

 2006年の香港映画。

 舞台はマカオ、ポルトガルの租借地であるマカオが返還される1年前、シン(チャップマン・トー)は元警察官。汚職などをしたけど、女性にもてる生活をしていて、アパートには多くの女性が頻繁に訪れる。
 ある日、娘を名乗る女性ヤン(イザベラ・リョン)が尋ねてくる。ヤンの母イザベラが癌で死んだことを告げられる。ヤンの母は、シンが高校時代に好きだった女性だった。
 そしてシンとヤンの共同生活が始まる。ヤンはイザベラという犬が行方不明なので捜している。しばらくして犬は見つかるけど、別の飼い主に飼われていて、幸せそうなので諦める。

 その後は、ヤンとシンの共同生活が描かれる。酒を飲んで大騒ぎしたり、マカオが中国に返還されるので、いろんな問題が元警官のシンの前に迫ってくるけど、深刻な雰囲気もなく、アクションもない。小津映画のように淡々と進んでいく。

 梁洛施(イザベラ・リョン)は、『バグ・ミー・テンダー - 恋と友情の物語』、ホラー映画『the EYE3』に出ている香港の新人人気女優で、多くの国際的な映画祭で賞を得ている。

 最初は、やくざと警察の血なまぐさいストーリーかと思って観ていたが、親子の絆を描いた映画だった。ヤン役のイザベラ・リョンが中国らしくスレンダーで奇麗なので見とれてしまった。タイトルの「イザベラ」は、犬の名前で、イザベラ・リョンとは関係がないらしい。

おすすめ度  ☆☆☆☆

原題: 伊莎貝拉/ISABELLA
製作年度: 2006年
監督: パン・ホーチョン
上映時間: 109分
キャスト:チャップマン・トー、イザベラ・リョン、アンソニー・ウォン

Photo


|

« 韓国映画「ナンパの定石」 | トップページ | 邦画「リンダリンダリンダ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/35115139

この記事へのトラックバック一覧です: 香港映画「イザベラ」:

« 韓国映画「ナンパの定石」 | トップページ | 邦画「リンダリンダリンダ」 »