« 洋画「マイ・ネーム・イズ・モデスティ」 | トップページ | 韓国映画「楽しき人生」 »

洋画「グラディエーター・バイオレット」

 2007年制作。DVDで観賞。

 ケンタッキーの村はずれで、狂った一族による彼らの血統存続が企てられていた。一族は頭のビリー・ボブの指揮の下、若い女性を拉致・監禁し古代ローマ時代のグラディエーターの様に2人ずつ殺し合いをさせる。ビリー・ボブは勝者をレイプし妊娠させ一族の繁栄を狙うのだった。

 アンバーは奨学金を受けた大学に向かう途中、何者かに襲われた。目が覚めると、そこは女性が集められた部屋だった。部屋の隅にあった簡易トイレに目をつけた彼女は、汚物を掻き分け一度は脱出に成功するが追いつかれ再び監禁されてしまう。
可愛い妹アンバーを遠くの大学に送り出したブロディとベア。しかし予定の時間になっても妹から到着の連絡がなく、心配した彼らは妹を探しに向ったが…。2人を迎えたのは容赦なき死闘だった!

 なんだかなぁ。B級映画の典型のような作品。グロテスクな描写が至るところにあり、げんなり。こんな、マッチョな兄弟はいないだろ・・・と突っ込みたくなる。

おすすめ度  ☆☆

原題: BLOODLINES
製作年度: 2007年
監督: スティーヴン・ダラム
上映時間: 92分
キャスト:グレイス・ジョンストン、ジェイソン・パジェット、トレイシー・ケイ

Twad1221


|

« 洋画「マイ・ネーム・イズ・モデスティ」 | トップページ | 韓国映画「楽しき人生」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/35874755

この記事へのトラックバック一覧です: 洋画「グラディエーター・バイオレット」:

« 洋画「マイ・ネーム・イズ・モデスティ」 | トップページ | 韓国映画「楽しき人生」 »