« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

洋画「(500)日のサマー」

 2009年制作。新作DVD。

 運命の恋を信じる男と信じない女が繰り広げる、ちょっぴりほろ苦くてユニークな恋愛コメディー。『セントアンナの奇跡』のジョセフ・ゴードン=レヴィットふんする男性の視点から、愛する人との異なる恋愛観に翻弄(ほんろう)される20代の男のリアルな姿をつづる。キュートな相手役には、『ハプニング』のゾーイ・デシャネル。初メガホンを取ったマーク・ウェブ監督はミュージック・ビデオ出身らしく、音楽から会話に至るまでセンスのいい演出が際立つ。

 出会いから別れまで500日の出来事が、ランダムに描かれる。相手役サマーを演じるのはゾーイ・デシャネル。主人公だけでなく、観ているものまで翻弄される。

おすすめ度  ☆☆☆☆

原題: (500) DAYS OF SUMMER
製作年度: 2009年
監督: マーク・ウェブ
上映時間: 96分
キャスト:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド

500


| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋画「マイレージ、マイライフ」

 2009年制作。新作DVD。

 『JUNO/ジュノ』でその才能を高く評価されたジェイソン・ライトマン監督がジョージ・クルーニーを主演に迎えて描く人間ドラマ。『サムサッカー』の原作者でもあるウォルター・キルンの同名小説を基にリストラ担当として全国を駆け巡る男の、一見身軽そうだが実はそうでもない人生を軽快なテンポで見せる。ジョージ・クルーニーのペーソスにあふれた演技も見逃せないが、モザイクのようにさまざまな現代のキーワードが散りばめられた登場人物の生き方が興味深い。

 1年の内300日強を出張で暮らす主人公(ジョージ・クルーニー)の仕事はリストラの為の解雇を告げる事。その彼の目標は1000マイルを貯めることだ。そこに新入社員の優秀な女の子(ヴェラ・ファーミガ)が出張経費の無駄を省くインターネットで解雇を告げる方法を提案する。意見が会わない二人は、実際に検証する為に一緒に出張することに・・・

おすすめ度  ☆☆☆☆

原題: UP IN THE AIR
製作年度: 2009年
監督: ジェイソン・ライトマン
上映時間: 109分
キャスト:ジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国映画「孔子」

 上海帰りのJALの中で観賞。1時間40分程度のフライトなので、100分の映画でも最後の10分が観られないパターンが多いということを学習したが、今回は雷雨で天候不順のため、搭乗してから浦東空港を飛び立つまで90分も待たされてしまった。そのお陰で、全編観る事ができると迷わず選択。実際に最後まで観ることができた。ラッキー!
 
 確か、この映画日本ではまだ一般公開されていない。(福岡映画祭で上映された?)孔子は日本でも有名だが、その人生はあまり知られていないので勉強になった。この映画は「アバター」が中国で公開された時に、反社会的と評価され、代わりにこの映画を観るように中国政府が誘導したという経緯があったいえあくつきの映画でもある。 

 周潤発(チョウ・ユンファ)、周迅(ジョウ・シュン)主演。古代中国の思想家、儒教の祖である孔子の人生を描いた大作映画。
 紀元前6世紀、春秋時代。揺れ動く社会の混乱時期に、没落した貴族の家庭から生まれた孔子。超越した知恵ある思想の時代を望み影響させるようとするが、まだ時期尚早だった。孔子の思想を弟子とともに普及させるが、抗争する思想、世間は覇者のごとく受け入れない。政治的陰謀に巻き込まれ、世の人から誤解され、晩年、祖国に帰る。失意の中、孔子は世を去る。多くの人に知られている孔子だが、実際のその人生を知る人は少ない。中国人の原点ともなっている偉大な思想家孔子の人生を知ることが出来る作品!

 見応え十分、周迅(ジョウ・シュン)も好きな女優なので満足。さらに次回作も準備されているらしい。

 2010年2月、映画「孔子」の大ヒットを受けて、今年後半にもシリーズ映画となる「孔子前伝」がクランクインするという。京華時報が伝えた。 チョウ・ユンファ(周潤發)主演の「孔子」は興行成績が1億元(約13億円)を突破する大ヒットぶり。米映画「アバター」の2D版を劇場から引きずりおろして公開スタートした話題性に加え、誰もが知る「孔子」を描く内容が、映画館とは縁の薄い中高年層にも受け入れられたことが人気につながっている。

 この大ヒットを受けて、今年10月には第2弾となる「孔子前伝」のクランクインが決定。「孔子」が50代から逝去するまでの孔子を描いたのに対し、「孔子前伝」では青年期をメインにストーリーが展開する。

おすすめ度  ☆☆☆☆☆

制作年:2010年
監督:胡[王攵](フー・メイ)
キャスト:周潤発(チョウ・ユンファ)周迅(ジョウ・シュン)陳建斌(チェン・ジェンビン)任泉(レン・チュアン)陸毅(ルー・イー)ほか

3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋画「サイクロプス」

2008年制作。DVD視聴。

 あのX-MENシリーズのキャラクターのスピン・オフではなく、レイ・ハリーハウゼンでおなじみの『シンドバッド 7回目の航海』に出てくる、目が一つの巨人モンスター。『タイタンの戦い』のリメイクがやや消化不良だったので、レンタル店で思わずパッケージ衝動借り。B級のにおいがプンプンしていたけどね。

 時代はローマ時代、暴君の独裁政治が続く、そんなある日に、復活した一つ目大男サイクロプスが市街で市民を襲った…すぐさま勇敢な隊長率いる征伐隊が派兵され、見事に生け捕りにし、連れ帰る。肝心のサイクロプスもCGで・・・しかも驚きのストーリー展開で、エグいモンスター作品からなぜか政治的要素が濃い「拳闘士」物語の脇役になってたりして、ツッコミ所は満載で笑えるかも。

おすすめ度  ☆☆☆

原題: CYCLOPS
製作年度: 2008年
監督: デクラン・オブライエン
上映時間: 94分
キャスト:エリック・ロバーツ、ケヴィン・ステイプルトン、フリーダ・ファレル

_


| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋画「シェフと素顔と、おいしい時間」

 2002年製作。DVDで視聴。

 パリ、シャルル・ド・ゴール空港、25時。突然のストでメキシコ行きの飛行機が飛ばないことを知り愕然とするローズ。彼女は、暴力的でしつこい恋人セルジオから一刻も早く逃げようと慌てふためいていた。一方フェリックスは、別れた恋人に会うためアメリカからミュンヘンへ向かう途中、悪天候でこの空港に足止めを喰らっていた。ローズはセルジオへの置き手紙を親友に処分してもらおうと携帯で説得していたところ、あやまって携帯をトイレに落としてしまう。急ぐ彼女は携帯を持っていたフェリックスを見つけるとそれを借りようと声を掛けるのだが…。

 出場人物はほとんど二人のみ。ジャン・レノ、ジュリエット・ビノシュだ。舞台は空港と、ホテルがほとんどで二人の会話劇のよう。面白くて2回も観てしまった。

おすすめ度  ☆☆☆☆☆

原題: DECALAGE HORAIRE/JET LAG
製作年度: 2002年
監督: ダニエル・トンプソン
上映時間: 82分
キャスト:ジャン・レノ、ジュリエット・ビノシュ、セルジ・ロペス

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋画「バレンタインデー」

 2010年新作DVD。

 バレンタインデーに色めき立つロサンゼルスを舞台に、ハリウッドを代表する俳優たちが悲喜こもごものストーリーを繰り広げる恋愛群像劇。メガホンを取るのは、『プリティ・ウーマン』『カーラの結婚宣言』のゲイリー・マーシャル。シャーリー・マクレーンやキャシー・ベイツにジュリア・ロバーツ、アシュトン・カッチャー、ジェシカ・アルバといった、ベテランから若手まで豪華なキャストが勢ぞろいする。ロマンチックなばかりではないバレンタインデーを過ごす男女15人の愛の行方に注目。

 バレンタインデーに目まぐるしく展開する15人のストーリーに、頭が混乱するも、徐々に彼らの人間関係が解っていく。軍人役のジュリア・ロバーツが・・・の母だったのは、予想されていたものの感動する。

おすすめ度  ☆☆☆☆

原題: VALENTINE'S DAY
製作年度: 2010年
監督: ゲイリー・マーシャル
上映時間: 125分
キャスト:ジェシカ・アルバ、キャシー・ベイツ、ジェシカ・ビール、ジュリア・ロバーツ

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

邦画「真夏のオリオン」

 2009年制作。テレビで放映。

 第二次世界大戦下、アメリカ海軍駆逐艦と日本海軍潜水艦の乗組員たちが過酷な戦況下でファイトマン・シップで戦い抜く姿を描く戦争サスペンス。池上司の原作「雷撃深度一九・五」をベースに、人気作家の福井晴敏が大胆な脚色を施して生きる喜びを時代を超えて語り継ぐ壮大な物語に再構築した。「イ-77潜水艦」艦長を玉木宏が演じるほか、ケミストリーの堂珍嘉邦が親友を熱演。海外ロケによる戦闘シーンなど迫力の映像も見逃せない。

 終戦記念日の企画で放映された映画。太平洋戦争末期の本海軍潜水艦を舞台にした戦争サスペンス。2度目の視聴だが、北川景子が出ているのを忘れていた。やや出来過ぎの感があるが、面白い。

おすすめ度  ☆☆☆☆

製作年度: 2009年
監督: 篠原哲雄
上映時間: 119分
キャスト:玉木宏、北川景子、堂珍嘉邦

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (1)

洋画「ダレン・シャン」

 2009年制作。新作DVD。

 幅広い年齢層に愛され、世界中に熱狂的なファンを持つダーク・ファンタジーを映画化。毒グモにかまれた親友を救うためにバンパイアと取引きした少年が、半バンパイアとなり、想像を絶する人生を歩み出す。監督は『アバウト・ア・ボーイ』のポール・ワイツ。主演は新星クリス・マッソグリア。『シカゴ』のジョン・C・ライリーから渡辺謙まで、豪華実力派が脇を固めている。ファンタジーと青春ドラマの魅力を兼ね備えた展開が見どころ。

 シリーズ化を見越した第一話という印象。人間を襲わないバンパイヤと対峙するバンパニーズの戦争が始まるのだが、この映画では、その前説の部分しか描かれていない。次回作に期待。

おすすめ度  ☆☆☆☆

原題: CIRQUE DU FREAK: THE VAMPIRE'S ASSISTANT
製作年度: 2009年
監督: ポール・ワイツ
上映時間: 109分
キャスト:クリス・マッソグリア、ジョシュ・ハッチャーソン、ジョン・C・ライリー

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋画「世界で一番パパが好き!」

 2004年制作。DVD観賞。

 ベン・アフレックとリヴ・タイラー主演のハートウォーミングストーリー。監督は『チェイシング・エイミー』の奇才ケヴィン・スミス。ベンの盟友マット・デイモンや昔の恋人のジェニファー・ロペスなどが出演しているハートウォーミングな感動作。

 2度目の視聴だが、心温まる感動作。出産で妻(ジェニファー・ロペス)を亡くした父(ベン・アフレック)と娘(リヴ・タイラー)の生き方を描く。華やかなニューヨークの生活を夢見る父と地道な生活を望む周りの人たちとの葛藤が、人生に何が一番大事な事かを教えてくれる。

おすすめ度  ☆☆☆☆

原題: JERSEY GIRL
製作年度: 2004年
監督: ケヴィン・スミス
上映時間: 101分
キャスト:ベン・アフレック、リヴ・タイラー、ジョージ・カーリン

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋画「新しい人生のはじめかた」

 2008年制作。DVDで観賞。

『主人公は僕だった』の共演で意気投合した、ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンが本格的な共演を果たした中高年向け恋愛物語。娘の結婚式に出るためにロンドンにやって来た男性と、なかば人生をあきらめて楽に生きることを選んだ女性の心温まる交流をしっとりと描く。監督と脚本を手掛けたのはイギリスの新星、ジョエル・ホプキンス。ロンドンの美しい秋の風景とともに、年齢を重ねてこそわかる人生の豊かさや繊細さが胸にしみる。

 ちょっと小デブだけど可愛いエマ・トンプソンと背は低いが味のあるダスティン・ホフマンがいい。ほのぼのとする後味、中年は必見です。

おすすめ度  ☆☆☆☆☆

原題: LAST CHANCE HARVEY
製作年度: 2008年
監督: ジョエル・ホプキンス
上映時間: 93分
キャスト:ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソン

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国映画「愛しい守り神」

 2001年韓国映画。

 古い家に住み着いていると言い伝えられる守護霊を巡る、ファンタスティックなラブストーリー。
 古いアパートに引っ越してきたセジン(キム・ジホ)。その家には実はもう一人、目に見えない住人がいた。守護霊のテゴン。まだ新米の霊なので、セジンの着替えにもびっくり。しかしセジンもついていない。引っ越し早々、恋人からひどい振られ方をしてしまう。泣いてばかりのセジンに、しかしテゴンはどうしてやることも出来ない。と、そこへセジンの引越しを請け負った引越しセンターの若者キフン(チ・ジニ)が訊ねてくる。作業の際にネックレスを落としていったのだ。これを機会に2人は次第に仲良くなる。セジンも影ながら応援している。ある日ついにセジンは、私と付き合う気があったら徳寿宮(ドックスグン)に会いに来て欲しいとキフンに告げる。しかし翌日、一日中待っていたのにキフンは来ない。疲れ果てて絶望したセジンはアパートの部屋を出る。新米守護霊テゴンには彼女を助けてやることが出来ないのだろうか。そしてあの日キフンが約束の場所に来なかった本当の訳は・・・

 最近、チ・ジニの出演作を観る機会が多い。「兄、帰る」もそう。しかし、この映画の主役は「キム・ジホ」だ。 ドキッとする笑顔がいい。しかし、映画としてはいまいち。古い慣習でガチガチの守り神の世界が鬱陶しい。

おすすめ度  ☆☆☆

原題: Hymn to the Guardian Spirit
製作年度: 2001年
上映時間: 58分
キャスト:チ・ジニ、キム・ジホ、チョン・ジュン

S_star_kkzimg300x30012782125086spkb


| | コメント (0) | トラックバック (0)

邦画「サイドウェイズ」

 2009年制作。DVDで観賞。

 2004年のアレクサンダー・ペイン監督作ハリウッド映画『サイドウェイ』を、海外スタッフのもと小日向文世と生瀬勝久の主演でリメイクした大人のコメディー・ドラマ。ワインの産地、カリフォルニア、ナパ・バレーを舞台に、さえない40代の男二人のパッとしない人生が少しずつ動き出していく様をていねいに描く。二人の男の相手役には、日本を代表する女優、鈴木京香と菊地凛子。カリフォルニアのみずみずしい風景と、甘くほろ苦い言葉の数々がじんわりと心にしみる。

 売れないシナリオライター(小日向文世)と結婚間際の元忍者俳優(生瀬勝久)は留学生時代の親友で、結婚式の前に1週間のドライブ旅行を計画する。最初はラスベガスで羽目を外す予定が、ナパ・バレーをめざすことに・・・

 オール・カルフォルニアのロケ。海すべて、4人の俳優で進行していくが、違和感はない。外を舞台にした日本映画は面白いものが多い。「きずな食堂」に似た独特の空気感がいい。

おすすめ度  ☆☆☆☆

製作年度: 2009年
監督: チェリン・グラック
上映時間: 123分
キャスト:小日向文世、生瀬勝久、鈴木京香、菊地凛子

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋画「ビーンストーク」

 2001年制作。DVDで観賞。

 有名なアイルランド民話のその後を描いたSFX冒険ファンタジー。童話の中のジャックを先祖に持つ資産家の主人公が、荒廃した天の世界を救って寿命40年という一族の呪いを解く物語。主演はマシュー・モディーン。

 ジャックと豆の木のおとぎ話は本当にあった。15代後のジャックは何万人もの社員を抱える企業のトップだ。しかし、父親も祖父も先祖はすべて40歳前後で亡くなっていた。その呪いを解くというストーリー・・・のはずだが、おいおいこれで終わりかよ。

 前置きが長いというより、前置きだけで終わってる。呪いをどうして解いたの〜。中途半端すぎ。

おすすめ度  ☆☆☆

制作年:2001年
上映時間:184分
監督:ブライアン・ヘンソン
キャスト:マシュー・モディーン、バネッサ・レッドグレーブ、ダリル・ハンナ

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋画「HACHI 約束の犬」

 2008年制作。金曜ロードショーで放映。

 渋谷駅で毎日仕事帰りの主人を迎え、亡くなってからも待ち続けるハチという名の実在した犬の物語を舞台を日本からアメリカに移し映画化した感動物語。一人の大学教授と彼に育てられた飼い犬の心温まる愛ときずなを描く。監督は『サイダーハウス・ルール』のラッセ・ハルストレム。主人公の教授を『最後の初恋』のリチャード・ギア、その妻を『ボーン・アルティメイタム』のジョーン・アレンが演じる。国境を越えて共感を呼ぶ普遍的なテーマと感涙のラストに注目。

 日本人なら誰でも知っている実話。ストーリーが解っていても、涙を誘う。しかし、単調な展開は少々辛いかも。

おすすめ度  ☆☆☆

原題: Hachiko: A Dog's Story
製作年度: 2008年
監督: ラッセ・ハルストレム
上映時間: 93分
キャスト:リチャード・ギア、ジョーン・アレン、サラ・ローマー

Hachi


| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋画「恋するベーカリー」

 2009年制作。新作DVD.

 人気ベーカリーを営む女性実業家が、自分らしい人生を手に入れるために奮闘するハートウォーミング・ストーリー。監督は『ホリデイ』の女性監督ナンシー・マイヤーズ。『プラダを着た悪魔』の名女優メリル・ストリープが主人公の女性実業家にふんしている。また、2010年のアカデミー賞授賞式で司会を務めるアレック・ボールドウィンとスティーヴ・マーティンが共演。ハリウッドを代表するキャストたちによる熱演が堪能できる。

 笑いが絶えないメリル・ストリープが好感度抜群。3人の子供たちは、一人暮らしなどで旅立ち、主人公は独り住まいとなる。別れた元亭主は若い女性と再婚し、小さな子供もいる。その元夫婦がパーティで鉢合わせ、一夜を共にしてしまう。その後のドタバタが笑えるし、心温まる。

おすすめ度  ☆☆☆☆☆

原題: IT'S COMPLICATED
製作年度: 2009年
監督: ナンシー・マイヤーズ
上映時間: 120分
キャスト:メリル・ストリープ、スティーヴ・マーティン、アレック・ボールドウィン

Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋画「パーシージャクソンとオリンポスの神々」

 2010年制作。DVD新作。

 アメリカでベストセラーとなった児童文学「パーシー・ジャクソン」シリーズを、「ハリー・ポッター」シリーズの第一弾と第二弾でメガホンを取ったクリス・コロンバス監督が映画化した奇想天外なファンタジー・アドベンチャー。神と人間のハーフである少年がたどる冒険の旅を描く。主人公のパーシーを演じるのは、『3時10分、決断のとき』でクリスチャン・ベイルの息子を演じたローガン・ラーマン。ギリシャ神話に登場する神や怪物にふんする、ピアース・ブロスナンやロザリオ・ドーソンにも注目。

 いや〜面白かった。久しぶりに痛快なファンタジー・アドベンチャー映画だ。神話の世界をテーマにした映画は、最近では3D映画「タイタンの戦い」があるが、それもゼウスと人間のハーフが主人公だった。この映画の主人公はポセイドンと人間のハーフだ。

 見所も多く、解りやすさもマルだ。

おすすめ度  ☆☆☆☆☆

原題: PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF
製作年度: 2010年
監督: クリス・コロンバス
上映時間: 121分
キャスト:ローガン・ラーマン、ピアース・ブロスナン、ユマ・サーマン

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋画「デジャブ」

 2006年制作。1ヶ月ほど前のテレビの放送を録画しておいたものを観る。今回2度目の観賞だが、新鮮だった。 

 初めて体験する事象だが身に覚えがあるデジャヴ(=既視感)感覚をモチーフにしたサスペンスアクション。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどを手掛けた、敏腕プロデューサーとして知られるジェリー・ブラッカイマーが製作を担当、盟友トニー・スコット監督とコンビを組み、デジャヴを過去からの警告と解釈した大胆なドラマを作り上げた。主演はオスカー俳優のデンゼル・ワシントン。先の読めないスリリングな展開や未曾有のスケールで放たれるアクションなど、一級のエンタテインメントを満喫できる。

 第一印象は、ヒロインのポーラ・パットンが奇麗だということ。火傷の死体から始まり、最後は助けられるというストーリーは刺激的だ。ラストは、予想外だったがハッピーエンドだからいいか。

おすすめ度  ☆☆☆☆☆

原題: DEJA VU
製作年度: 2006年
監督: トニー・スコット
上映時間: 127分
キャスト:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン、ヴァル・キルマー

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国映画「HERO/英雄」

 2002年制作、チャン・イーモー監督の中国映画。3度目の観賞。

 紀元前200年、戦乱の世の中国。ある日、のちに始皇帝と呼ばれることになる秦王のもとに、無名と名乗る一人の男が拝謁する。彼は、最強と恐れられた趙国3人の刺客たちの名がそれぞれ刻まれた一本の槍と二本の剣を携えていた。無名は、十歩の距離まで近づけば如何なる相手も一撃で仕留める剣術“十歩必殺”を極め、3人の刺客を討ち倒したという。暗殺者たちから身を守るため百歩以内に誰も近づけようとしない秦王だったが、無名の功績を認め特別に十歩の距離まで近づくことを許し、早速3人の刺客たちを討ち取った経緯を語るよう促すのだった…。

 久しぶりに観たが、新鮮だった。物語は、秦王に拝謁する無名(ジェット・リー)の回想と無名を刺客とする秦王が指摘するストーリーが交錯する。最後は、秦王の想像以上の真実のストーリーが語られるというもの。つまり、無名の作ったストーリーと、秦王が指摘するストーリー、真実のストーリーと3度の場面が描かれる。チャン・イーモウの美しく迫力ある映像も堪能できる。

おすすめ度  ☆☆☆☆☆

原題: HERO/英雄
製作年度: 2002年
監督: チャン・イーモウ
上映時間: 99分
キャスト:ジェット・リー、トニー・レオン、マギー・チャン、チャン・ツィイー

Hero


| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国映画「楽園の瑕(きず)」

 1994年中国映画。

 砂漠の宿屋で“西毒”こと陽峰は、殺し屋の元締めを営んでいる。彼が剣のために捨てた女は、兄の妻となっていた。そして、親友の“東邪”薬師がやって来る。薬師はそのあと桃花林へ向かい、親友の妻、桃花に出会う。その親友は薬師によって妻との仲を裂かれ、行方不明になっていた……。「恋する惑星」「天使の涙」で若者に熱狂的な支持を受けたウォン・カーウァイが、剣士たちの生き様を描いた作品。

 よく考えないと、ストーリーがよく解らない。陽峰(レスリー・チャン)が“西毒”だったことも最後の解説で解った。もう一度観ると理解できるかもしれない。

おすすめ度  ☆☆☆

原題: 東邪西毒/ASHES OF TIME
製作年度: 1994年
監督: ウォン・カーウァイ
上映時間: 100分
キャスト:レスリー・チャン、レオン・カーフェイ、ブリジット・リン

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国映画「お前を逮捕する」

 2005年韓国映画。

 意欲だけが先走る落ちこぼれ捜査3課の面々の奮闘劇を、笑いと涙でみせる刑事ドラマ。ひょんなことから麻薬密売という大事件に関わることになった肉体派の刑事たちの命がけの戦いを描く。主演は人気TVドラマ「チェオクの剣」のキム・ミンジュン。彼はその抜群の運動能力を生かし、映画初主演ながらも『シルミド』のホ・ジュノらとともにキレのあるアクションをみせる。今どきの若者が事件を通して成長する姿が熱い感動を呼ぶ。

 キム・ミンジュンが映画初主演だとは知らなかった。歴史ドラマでは、誠実で強い護衛などの脇を固める役が多く、見慣れた顔だ。好感が持てる役が多いのは、期待されている証拠かも。現代を舞台に 新しい境地を開き、ブレイクする予感。

おすすめ度  ☆☆☆

原題: 強力3班/NEVER TO LOSE
製作年度: 2005年
監督: ソン・ヒチャン
上映時間: 120分
キャスト:キム・ミンジュン、ホ・ジュノ、チャン・ハンソン

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »