« 邦画「サイドウェイズ」 | トップページ | 洋画「新しい人生のはじめかた」 »

韓国映画「愛しい守り神」

 2001年韓国映画。

 古い家に住み着いていると言い伝えられる守護霊を巡る、ファンタスティックなラブストーリー。
 古いアパートに引っ越してきたセジン(キム・ジホ)。その家には実はもう一人、目に見えない住人がいた。守護霊のテゴン。まだ新米の霊なので、セジンの着替えにもびっくり。しかしセジンもついていない。引っ越し早々、恋人からひどい振られ方をしてしまう。泣いてばかりのセジンに、しかしテゴンはどうしてやることも出来ない。と、そこへセジンの引越しを請け負った引越しセンターの若者キフン(チ・ジニ)が訊ねてくる。作業の際にネックレスを落としていったのだ。これを機会に2人は次第に仲良くなる。セジンも影ながら応援している。ある日ついにセジンは、私と付き合う気があったら徳寿宮(ドックスグン)に会いに来て欲しいとキフンに告げる。しかし翌日、一日中待っていたのにキフンは来ない。疲れ果てて絶望したセジンはアパートの部屋を出る。新米守護霊テゴンには彼女を助けてやることが出来ないのだろうか。そしてあの日キフンが約束の場所に来なかった本当の訳は・・・

 最近、チ・ジニの出演作を観る機会が多い。「兄、帰る」もそう。しかし、この映画の主役は「キム・ジホ」だ。 ドキッとする笑顔がいい。しかし、映画としてはいまいち。古い慣習でガチガチの守り神の世界が鬱陶しい。

おすすめ度  ☆☆☆

原題: Hymn to the Guardian Spirit
製作年度: 2001年
上映時間: 58分
キャスト:チ・ジニ、キム・ジホ、チョン・ジュン

S_star_kkzimg300x30012782125086spkb


|

« 邦画「サイドウェイズ」 | トップページ | 洋画「新しい人生のはじめかた」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/36117242

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国映画「愛しい守り神」:

« 邦画「サイドウェイズ」 | トップページ | 洋画「新しい人生のはじめかた」 »