« 洋画「サイクロプス」 | トップページ | 洋画「マイレージ、マイライフ」 »

中国映画「孔子」

 上海帰りのJALの中で観賞。1時間40分程度のフライトなので、100分の映画でも最後の10分が観られないパターンが多いということを学習したが、今回は雷雨で天候不順のため、搭乗してから浦東空港を飛び立つまで90分も待たされてしまった。そのお陰で、全編観る事ができると迷わず選択。実際に最後まで観ることができた。ラッキー!
 
 確か、この映画日本ではまだ一般公開されていない。(福岡映画祭で上映された?)孔子は日本でも有名だが、その人生はあまり知られていないので勉強になった。この映画は「アバター」が中国で公開された時に、反社会的と評価され、代わりにこの映画を観るように中国政府が誘導したという経緯があったいえあくつきの映画でもある。 

 周潤発(チョウ・ユンファ)、周迅(ジョウ・シュン)主演。古代中国の思想家、儒教の祖である孔子の人生を描いた大作映画。
 紀元前6世紀、春秋時代。揺れ動く社会の混乱時期に、没落した貴族の家庭から生まれた孔子。超越した知恵ある思想の時代を望み影響させるようとするが、まだ時期尚早だった。孔子の思想を弟子とともに普及させるが、抗争する思想、世間は覇者のごとく受け入れない。政治的陰謀に巻き込まれ、世の人から誤解され、晩年、祖国に帰る。失意の中、孔子は世を去る。多くの人に知られている孔子だが、実際のその人生を知る人は少ない。中国人の原点ともなっている偉大な思想家孔子の人生を知ることが出来る作品!

 見応え十分、周迅(ジョウ・シュン)も好きな女優なので満足。さらに次回作も準備されているらしい。

 2010年2月、映画「孔子」の大ヒットを受けて、今年後半にもシリーズ映画となる「孔子前伝」がクランクインするという。京華時報が伝えた。 チョウ・ユンファ(周潤發)主演の「孔子」は興行成績が1億元(約13億円)を突破する大ヒットぶり。米映画「アバター」の2D版を劇場から引きずりおろして公開スタートした話題性に加え、誰もが知る「孔子」を描く内容が、映画館とは縁の薄い中高年層にも受け入れられたことが人気につながっている。

 この大ヒットを受けて、今年10月には第2弾となる「孔子前伝」のクランクインが決定。「孔子」が50代から逝去するまでの孔子を描いたのに対し、「孔子前伝」では青年期をメインにストーリーが展開する。

おすすめ度  ☆☆☆☆☆

制作年:2010年
監督:胡[王攵](フー・メイ)
キャスト:周潤発(チョウ・ユンファ)周迅(ジョウ・シュン)陳建斌(チェン・ジェンビン)任泉(レン・チュアン)陸毅(ルー・イー)ほか

3


|

« 洋画「サイクロプス」 | トップページ | 洋画「マイレージ、マイライフ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/36389562

この記事へのトラックバック一覧です: 中国映画「孔子」:

« 洋画「サイクロプス」 | トップページ | 洋画「マイレージ、マイライフ」 »