« 中国映画「HERO/英雄」 | トップページ | 洋画「パーシージャクソンとオリンポスの神々」 »

洋画「デジャブ」

 2006年制作。1ヶ月ほど前のテレビの放送を録画しておいたものを観る。今回2度目の観賞だが、新鮮だった。 

 初めて体験する事象だが身に覚えがあるデジャヴ(=既視感)感覚をモチーフにしたサスペンスアクション。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどを手掛けた、敏腕プロデューサーとして知られるジェリー・ブラッカイマーが製作を担当、盟友トニー・スコット監督とコンビを組み、デジャヴを過去からの警告と解釈した大胆なドラマを作り上げた。主演はオスカー俳優のデンゼル・ワシントン。先の読めないスリリングな展開や未曾有のスケールで放たれるアクションなど、一級のエンタテインメントを満喫できる。

 第一印象は、ヒロインのポーラ・パットンが奇麗だということ。火傷の死体から始まり、最後は助けられるというストーリーは刺激的だ。ラストは、予想外だったがハッピーエンドだからいいか。

おすすめ度  ☆☆☆☆☆

原題: DEJA VU
製作年度: 2006年
監督: トニー・スコット
上映時間: 127分
キャスト:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン、ヴァル・キルマー

Photo


|

« 中国映画「HERO/英雄」 | トップページ | 洋画「パーシージャクソンとオリンポスの神々」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/36037797

この記事へのトラックバック一覧です: 洋画「デジャブ」:

« 中国映画「HERO/英雄」 | トップページ | 洋画「パーシージャクソンとオリンポスの神々」 »