« 洋画「ジュリー&ジュリア」 | トップページ | 洋画「アフター・ザ・レイン」 »

洋画「JM」

 1995年制作。北野武とキアヌ・リーヴス共演の近未来SFアクション映画。

 電子化が極限にまで進んだ近未来。特定の情報を脳に埋めこまれたチップに記憶させる“情報の運び屋”ジョニーは北京である情報を記憶するが、それは全人類の命運を賭けるものだった……。サイバーパンクの旗手、W・ギブソンが短編『記憶屋ジョニー』を自ら脚色し、アート界出身のR・ロンゴが演出にあたったSFアクション。

 15年前の映画とあって、二人とも若い。1995年に北野武とキアヌ・リーヴスの二人が共演しているというのも、驚きだが、SFというのもびっくりだ。キアヌの代表作「マトリックス」を彷彿とさせるような時代設定で、頭に埋め込まれた情報を運ぶ主人公に対し、北野武はそれを奪うやくざの役柄。面白い。あまり評判にならなかったのは、早すぎたからか?

おすすめ度  ☆☆☆☆

原題: JOHNNY MNEMONIC
製作年度: 1995年
監督: ロバート・ロンゴ
上映時間: 105分
キャスト:キアヌ・リーヴス、北野武、ディナ・メイヤー

Jm


|

« 洋画「ジュリー&ジュリア」 | トップページ | 洋画「アフター・ザ・レイン」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/36515838

この記事へのトラックバック一覧です: 洋画「JM」:

« 洋画「ジュリー&ジュリア」 | トップページ | 洋画「アフター・ザ・レイン」 »