« アルゴノーツ | トップページ | アバウト・ア・ボーイ »

理不尽極まる検察審査会の闇

小沢強制起訴の第一報から一夜明けてその報道を眺めてみると、検察審査会の議決とそれをめぐるメディアの報道は異常である。よってたかって小沢を政界から追放する動きである。

裁判で争っても小沢氏は無罪となるだろう。いくら裁判で無罪になったところで起訴されれば罪人扱いだ。小沢氏が無罪となっても、政界から追放する目的を果たすことになり、反小沢勢力にとって、勝利なのだ。

それにしても検察審査会の議決が国民の声だと繰り返すメディアは悪質だ。

異議申し立てを行なった人物が在日特会会長であることには一言も触れず、平均年齢30歳という審査会のメンバーの議決を国民の声と決めつける。たかがザル法である政治資金規正法に違反した虚偽記載だろう。贈収賄ではないだろう。

政治資金規正法に違反した虚偽記載を裁くというなら、国会議員はいなくなる。


議決が行なわれた日が9月14日だという。まさに代表選の当日である。

もし小沢氏が代表選に勝っていれば、それを使って「犯罪人を総理にさせられない」と使う気だったのだろうか。代表選に負けても、小沢氏を総理にはさせないという謀略がすすめられていたという疑念が働く。

11名の審査員はどのようにして選ばれたのか、そこに不正や介入は無かったのか、彼らに多大な影響を及ぼす補助弁護士は誰が、どのように選ばれたのか・・・すべては闇の中だ。

そして、一番大事な事は、そこに政治介入がなかったかと言う事である。ずばり、機密費という、カネと権力を握った仙谷の関与が疑わしい。

それとも、検察の組織防衛のための策略なのか。双方の利害が一致しての共犯かもしれない。


「小沢を政界から追放する」という意思が働いていたことは疑いようがない。

次はマスコミのバッシングの力を借りて「小沢離党」へと駒を進めるだろう。

|

« アルゴノーツ | トップページ | アバウト・ア・ボーイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/37086854

この記事へのトラックバック一覧です: 理不尽極まる検察審査会の闇:

« アルゴノーツ | トップページ | アバウト・ア・ボーイ »