« 寵愛 | トップページ | 許されざるもの »

ファム・ファタール

2008年制作。

ファム・ファタール(仏:Femme fatale)は男にとっての「運命の女」(運命的な恋愛の相手、もしくは赤い糸で結ばれた相手)の意味。また、男を破滅させる魔性の女(悪女)のこと。

凶悪事件を扱う韓国のFBI<広域捜査隊>のベテラン刑事チョ・デヨン(キム・ミョンミン)は、ヤクザと繋がりを持つ企業型スリ事件を担当するよう指示されるが、彼にはスリをめぐって忘れられない記憶があった。デヨンは、スリ組織の実態を把握するため潜伏中に、華麗な容姿と神技に近い技術を持つ国際的スリ組織のリーダー、ペク・チャンミ(ソン・イェジン)を偶然、救出。互いに一目惚れをしたふたりの禁断の恋が始まった。

四月の雪」の清純派女優ソン・イェジンが、国際スリ団の女ボスとして妖艶な悪女ぶりを惜しみなく披露し、イメージ一新。韓国と日本を行き交い、大胆な手口で犯行を重ねる女ボス、チャンミと危険なバトルを繰り広げるうちに、禁断の恋におちる韓国広域捜査隊の敏腕刑事デヨンには、<白い巨塔>のキム・ミョンミン。家族が犯罪者という過去と戦うカリスマ刑事役で情熱的な男性美を振りまく。「正しく生きよう」のソン・ビョンホが老練なスリ専門班長ヨンス刑事を、また「マイ・ブラザー」のキム・ヘスクが伝説の女スリ、マノク役で貫禄を示し、大鐘賞助演女優賞受賞。リアルに再現されたスリの最新テクニックも見所だ。

おすすめ度  ☆☆☆☆

原題: OPEN CITY
製作年度: 2008年
監督: イ・サンギ
上映時間: 112分
キャスト:ソン・イェジン、キム・ミョンミン、キム・ヘスク

Photo


|

« 寵愛 | トップページ | 許されざるもの »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/37327317

この記事へのトラックバック一覧です: ファム・ファタール:

« 寵愛 | トップページ | 許されざるもの »