« グッド・バッド・ウィアード | トップページ | 1941 »

孫文

2006年制作。

中華民国の建国以前、孫文の辛亥革命までの道程を描く歴史ドラマ。逃亡先のマレーシアにまで暗殺の手が伸びる中、革命家・孫文に尽くす女性や支援者とともに革命資金の調達に奔走する様を映し出す。孫文を演じるのは、『宗家の三姉妹』でも孫文役だったウィンストン・チャオ。理想に彩られた思想や巧みな処世術や、活躍の裏に隠された苦悩がつづられ、孫文の人間的魅力に魅了される。

孫文の半生を描いているわけでなく、マレーシア時代のほんの一部だ。港の労働者の意識を変えたり、革命資金の調達の苦労などが描かれている。これを契機に孫文の半生記もみたいものだ。

おすすめ度  ☆☆☆

原題: ROAD TO DAWN
製作年度: 2006年
監督: デレク・チウ
上映時間: 127分
キャスト:ウィンストン・チャオ、アンジェリカ・リー、ウー・ユエ

Photo_2


|

« グッド・バッド・ウィアード | トップページ | 1941 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/37067621

この記事へのトラックバック一覧です: 孫文:

« グッド・バッド・ウィアード | トップページ | 1941 »