« ハートロッカー | トップページ | マーシャル・エンジェル »

野獣と美女

2005年制作。

漫画映画‘怪物’の声専門の俳優‘グ・ドンゴン’(リュ・スンボム)は、将来が見えないが、世界中の誰よりもかわいくて優しい恋人‘チャン・ヘジュ’(シン・ミナ)がいる。

ヘジュの手足になって、彼女だけのための世界を作ってあげているドンゴンは、ドンゴンの姿を気にするヘジュに、額に大きな傷がある険悪な印象の代わりに、ドサクサにまぎれて高校時代の同級生でモテモテだった‘タク・ジュナ’の外見であるかのように自分を説明した。

ウソの幸福感もつかの間…ヘジュが手術を受けて目が見えるようになる。

ウソがばれるのではないかと落ち着かないドンゴンは、目が見えるようになったヘジュの病院を訪れるが、彼の姿が分からないヘジュを見ると、どさくさにまぎれて自分をドンゴンの友達チョンソクだとウソをついてしまう。

挙句の果てに、ドンゴンの家を訪ねてきたヘジュと出くわして慌てた末に、ドンゴンはドンゴンがハワイに出張に行っているとメガトン級のウソをついてしまう。

ヘジュの前に出て行くことができず、周辺をうろついていたドンゴンに、ヘジュが目が見えるようになった以上の危機が迫ってくる!! まさに自分の外見であるかのようにヘジュに説明していた、高校時代の同級生のモテ男‘タク・ジュナ’(キム・ガンウ)と、ヘジュが偶然出会ってしまったのだ。

完璧なモテモテ検事の登場でさえ辛いのに、タク・ジュナはヘジュに一目ぼれしてしまい、積極的に愛情攻勢をしかけ始める。
さらには隠れて見守るドンゴンの前に、タク検事に復讐を夢見る、ちょっと抜けている組織暴力団‘ドシク’(アン・ギルガン)まで登場して、状況はさらにもつれるばかり。

ラストの10分は感動的。シン・ミナの怒るシーンも可愛いし。

おすすめ度  ☆☆☆☆

原題: BEAST AND BEAUTY
製作年度: 2005年
監督: イ・ゲビョク
上映時間: 101分
キャスト:リュ・スンボム、シン・ミナ、キム・ガンウ

Photo


|

« ハートロッカー | トップページ | マーシャル・エンジェル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/37299195

この記事へのトラックバック一覧です: 野獣と美女:

« ハートロッカー | トップページ | マーシャル・エンジェル »