« バック・トゥ・ザ・フューチャーpart.2 | トップページ | トロン:レガシー »

サイボーグ2

1993年制作。アンジェリーナ・ジョリーの初期の作品。17年も前の映画なのに、アンジェリーナ・ジョリーが今と変わらないのが不思議。

2074年。兵士や売春婦といった職業は人類の代わりにサイボーグが行っていた。そんな時代ゆえ、サイボーグ製造の二大
メーカー“小林電子”と“ピンウィール・ロボティクス”は覇権をかけた熾烈な開発競争を繰り広げている。ピンウィールが作り上げた最新型のサイボーグ、カセラ・“キャッシュ”・リースは、血液中に含まれる高性能液体爆薬<グラスシャドゥ>を活性化させることによりターゲットと共に自爆する暗殺用のサイボーグ。だが彼女は、“全能の神の声”と名乗る謎の男により洗脳を免れ、格闘技インストラクターのコルトと共にピンウィールから逃走した。脱出には成功した二人だったが、キャッシュの体内に仕掛けられた起爆装置が作動する。残された時間は9時間。二人はピンウィールの差し向けた追っ手を逃れ、起爆装置を解除し、自由になれるのか? 一応「1」に関連づけをしてはあるものの、繋がりは無きに等しい続編。とにかくヒロインのキャッシュ(A・ジョリー)がサイボーグのようだ。

おすすめ度  ☆☆☆☆

原題: CYBORG 2: GLASS SHADOW
製作年度: 1993年
監督: マイケル・シュローダー
上映時間: 99分
キャスト:アンジェリーナ・ジョリー、イライアス・コティーズ、ビリー・ドラゴ

Photo_2


|

« バック・トゥ・ザ・フューチャーpart.2 | トップページ | トロン:レガシー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/38111212

この記事へのトラックバック一覧です: サイボーグ2:

« バック・トゥ・ザ・フューチャーpart.2 | トップページ | トロン:レガシー »