« 金星ロケット発進す | トップページ | ロビン・フッド »

ガーフィールド

2004年制作。その後「ガーフィールド2」が2006年、「ガーフィールド・ザ・ヒーロー」が2009年に制作された。

この映画の特徴は主人公の猫「ガーフィールド」だけがアニメで、他の出演者や犬・猫を含め、すべて実写だということ。コミックやアニメでおなじみの人気猫キャラクター、ガーフィールドが実写版映画に登場する。まるで本物の猫のように、いきいきとスクリーンを動き回る。滑らかな毛並みやでっぷりしたお腹はリアルな猫そのもの。コミカルで皮肉たっぷりの彼の声は、字幕版では『ロスト・イン・トランスレーション』のビル・マーレイ、吹替版では藤井隆が担当している。共演した本物の猫や犬たちも人間顔負けの演技派ぞろいで、愛らしい。

新しくやってきた小犬オーディに飼い主ジョン(ブレッキン・メイヤー)の関心を奪われてしまったガーフィールド。嫉妬した彼は、オーディにいじわるばかり。やがて、それがきっかけでオーディは家出してしまうはめに。

おすすめ度  ☆☆☆

原題: GARFIELD: THE MOVIE
製作年度: 2004年
監督: ピーター・ヒューイット
上映時間: 81分
キャスト(声):ビル・マーレイ、ブレッキン・メイヤー、ジェニファー・ラヴ・ヒューイット

Photo


|

« 金星ロケット発進す | トップページ | ロビン・フッド »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/38158496

この記事へのトラックバック一覧です: ガーフィールド:

« 金星ロケット発進す | トップページ | ロビン・フッド »