« トイ・ストーリー | トップページ | 恋するリストランテ »

ゼロの焦点

2009年制作。同名の映画はこれで3本目となる。

2009年に生誕100周年を迎える社会派ミステリーの巨匠、松本清張の同名傑作小説を映画化。結婚まもなく夫が失踪(しっそう)した妻が、その謎を追ううちに不可解な連続殺人事件に巻き込まれていく様を、『グーグーだって猫である』の犬童一心監督が描き出す。『おくりびと』の広末涼子、『嫌われ松子の一生』の中谷美紀、『ぐるりのこと。』の木村多江と、今最も輝いている3人の女優が競演。さらに西島秀俊、杉本哲太、鹿賀丈史といった実力派男優陣が脇を固める。

本を読んでいないと最初の30分は訳がわからない。これは主人公の妻(広末涼子)の立場である。我慢して観ていると徐々に背景が浮かび上がってくるという仕掛けだ。中谷美紀は『嫌われ松子の一生』以来、注目しているが、ここでもしっかり存在感があった。木村多江はへたくそに思えたが、今度『ぐるりのこと。』を観てみよう。

おすすめ度  ☆☆☆☆

製作年度: 2009年
監督: 犬童一心
上映時間: 131分
キャスト:広末涼子、中谷美紀、木村多江

Photo


|

« トイ・ストーリー | トップページ | 恋するリストランテ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/38002362

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロの焦点:

« トイ・ストーリー | トップページ | 恋するリストランテ »