« シュレック3 | トップページ | ジャイアント・ピーチ »

デイ・アフター首都水没

2007年制作、イギリス映画。

舞台はロンドン、嵐、高潮、堤防決壊がロンドンを襲う! ド迫力洪水パニック!!

晴れ渡った秋の日、ロンドンの街並みはいつもと同じように美しく平穏だった。しかしその頃スコットランド地方はハリケーン並みの暴風雨に襲われていた。エンジニアのロブ(ロバート・カーライル)はテムズ河口に設けられた巨大堤防・テムズバリアの点検のため、別れた妻のサム(ジェサリン・ギルシグ)に呼び出される。同じ頃、ロブと疎遠になっている父親で天才科学者であるレナード(トム・コートネイ)は以前から指摘しているバリアの欠陥から、暴風雨による高波がロンドン市街を襲う危険性を気象庁に指摘したが取り合ってもらえなかった。
ロブは父とのわだかまりを持ちながらもスコットランドの惨状を知り、警告が現実になることをする。 そしてロブ、サム、レナードは副首相(デビッド・スーシェ)や緊急対策 委員会“コブラ”のメンバーと共にロンドンを襲う危機に立ち向かう!

テレビで放映されたものを録画観賞。「デイ・アフター・トゥモロー」の物まねB級映画かと思っていたが、全く別ものだった。ロンドンの見覚えのある建物が随所に出てきて興味深い。

おすすめ度  ☆☆☆

原題: FLOOD
製作年度: 2007年
監督: トニー・ミッチェル
キャスト:ロバート・カーライル、ジェサリン・ギルシグ、トム・コートネイ


91310215b003ec0adda74b4cf3c68ee0


|

« シュレック3 | トップページ | ジャイアント・ピーチ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/38089817

この記事へのトラックバック一覧です: デイ・アフター首都水没:

« シュレック3 | トップページ | ジャイアント・ピーチ »