« セックス・アンド・ザ・シティ2 | トップページ | 弾丸チェイサー »

ゴースト/ニューヨークの幻

1990年制作。テレビで観賞。久しぶりに観たが、新鮮だった。この映画の魅力はなんといっても、デミ・ムーアの可憐さとラストの涙を誘うシーンが印象的だ。

強盗に襲われ命を落とした男は、幽霊となって恋人の側に現れるが、彼女には彼の存在がまるで伝わらない。やがて自分を殺した強盗が彼女にも迫っている事を知った男は、彼の声を聞く事の出来る霊媒師の力を借りて危険を知らせようとするが。サスペンスとロマンスがほどよくブレンドされ日本でも大ヒットした作品。デミ・ムーアも本作でブレイクした。

今、松島奈々子主演で「ゴースト/もう一度抱きしめたい」という邦画が公開中だが、この映画のリメイクだ。リメイクでは、松下奈々子が交通事故に遭いゴーストになる設定らしい。

おすすめ度  ☆☆☆☆☆

原題: GHOST
製作年度: 1990年
監督: ジェリー・ザッカー
上映時間: 127分
キャスト:パトリック・スウェイジ、デミ・ムーア、ウーピー・ゴールドバーグ

Photo


|

« セックス・アンド・ザ・シティ2 | トップページ | 弾丸チェイサー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/38014247

この記事へのトラックバック一覧です: ゴースト/ニューヨークの幻:

« セックス・アンド・ザ・シティ2 | トップページ | 弾丸チェイサー »