« JR東海鉄道博物館・リニア鉄道館 | トップページ | 怪盗グルーの月泥棒 »

福島原発事故で解ったこと

今度の福島原発事故を通じて、毎日の報道を目にし、ネットから教えられて、様々な事を知った。

そして、これまで殆ど無知であった放射能物質の非人間性を知った。特に、プルトニウムの致死率の高さを知った。

原発開発の裏にある、い政府、官僚、業界、御用学者、メディアたちの癒着を知った。その癒着が、原発に関するあらゆる不都合を国民から隠蔽し、原発に代わるあらたなエネルギー開発の努力をことごとく潰してきたこを知った。

公共料金と言う名で国民から徴収する、その膨大な利益で、接待づけ、天下り受け入れなどを繰り返して来た東電の顔を知った。

その甘味に群がったこの国の支配階級たちの厚顔を知った。市民派の菅直人政権もまたそれを克服できない事を知った。

そして何よりも、それらすべての膨大な情報がネットや雑誌で流されるようになった今でも、大手新聞やテレビは一切その事に触れないこと、それが今回の福島原発事故でも繰り返されている事を知った。

その反国民性は、もはや権力犯罪とでも呼ぶにふさわしい悪だ。

|

« JR東海鉄道博物館・リニア鉄道館 | トップページ | 怪盗グルーの月泥棒 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/39418613

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発事故で解ったこと:

« JR東海鉄道博物館・リニア鉄道館 | トップページ | 怪盗グルーの月泥棒 »