« ガリバー旅行記 | トップページ | アンノウン »

運命のボタン

2009年制作。

ボタンを押せば大金が手に入るが、代わりに見知らぬ誰かが死ぬという究極の選択を迫られた夫婦の運命を描くスリラー。『アイ・アム・レジェンド』の原作者リチャード・マシスンの短編小説を基に、『ドニー・ダーコ』のリチャード・ケリー監督が不条理な世界を作り上げた。主演はキャメロン・ディアス、『スーパーマン リターンズ』のジェームズ・マースデンとフランク・ランジェラが共演。100万ドルの大金か他人の死か、人間のモラルに迫る究極の選択の行方から目が離せない。

キャメロン・ディアス主演なので、コミカルな映画かと勝手に想像していたら、結構シリアスな映画だった。結構、考えさせられる。これも映画か。

おすすめ度  ☆☆☆☆


原題: THE BOX
製作年度: 2009年
監督: リチャード・ケリー
上映時間: 115分
キャスト:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ

a href="http://movie.blogmura.com/moviereview/">にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Photo_2


|

« ガリバー旅行記 | トップページ | アンノウン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/39830973

この記事へのトラックバック一覧です: 運命のボタン:

« ガリバー旅行記 | トップページ | アンノウン »