« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

SUPER 8

24日に公開された「SUPER 8」。主人公が子供たちであることと、宇宙人、実際に起こった事故という事実。ワクワクするような内容で期待感いっぱい。

子供たちがすごい活躍をするのかと勝手に想像していたが、ちょっと違った。

8mm映画の撮影をしている時、目の前で起こった列車事故に遭遇してしまった主人公の子供たちが、偶然カメラに映ったモノは、軍が秘密裏に移送する宇宙人が逃走する場面だった。その後、街は、不可解な出来事や事件が相次ぐことに。主人公(ジョエル・コートニー)の父はちょっと問題ありの「保安官助手」。彼もこれらの事件に軍が関係していると疑問を深めていく・・・

ハリウッドきってのヒットメーカーである2人のクリエイター、スティーヴン・スピルバーグが製作を務め、J・J・エイブラムスがメガホンを取るSF大作。1979年にアメリカで実際に起こった事故を引き合いに、アメリカ政府がひた隠しにする秘密と、映画撮影に夢中になる少年たちが真実を暴く冒険と成長を描く。出演はテレビドラマ「グレイズ・アナトミー」シリーズや『キングダム/見えざる敵』のカイル・チャンドラー、『SOMEWHERE』のエル・ファニングなど。観客の度肝を抜くような衝撃的な展開だ。

ラストは感動的だ。

おすすめ度  ☆☆☆☆☆

原題: SUPER 8
製作年度: 2011年
監督: J・J・エイブラムス
上映時間: 111分
キャスト:ジョエル・コートニー、エル・ファニング、カイル・チャンドラー

Super_8_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUPER 8

24日に公開された「SUPER 8」を観る。

子供たちがすごい活躍をするのかと勝手に想像していたが、ちょっと違った。8mm映画の撮影をしている時、目の前で起こった列車事故に遭遇してしまった主人公の子供たちが、偶然カメラに映ったモノは、軍が秘密裏に移送する宇宙人が逃走する場面だった。その後、街は、不可解な出来事や事件が相次ぐことに。主人公(ジョエル・コートニー)の父はちょっと問題ありの「保安官助手」。彼もこれらの事件に軍が関係していると疑問を深めていく。

ハリウッドきってのヒットメーカーである2人のクリエイター、スティーヴン・スピルバーグが製作を務め、J・J・エイブラムスがメガホンを取るSF大作。1979年にアメリカで実際に起こった事故を引き合いに、アメリカ政府がひた隠しにする秘密と、映画撮影に夢中になる少年たちが真実を暴く冒険と成長を描く。出演はテレビドラマ「グレイズ・アナトミー」シリーズや『キングダム/見えざる敵』のカイル・チャンドラー、『SOMEWHERE』のエル・ファニングなど。観客の度肝を抜くような衝撃的な展開だ。

おすすめ度  ☆☆☆☆☆

原題: SUPER 8
製作年度: 2011年
監督: J・J・エイブラムス
上映時間: 111分
キャスト:ジョエル・コートニー、エル・ファニング、カイル・チャンドラー

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

Super_8


| | コメント (0) | トラックバック (0)

釣りバカ日誌20ファイナル

箱根・鎌倉バスツアーの帰りの車内で観る。20ファイナルということは、最終版ということなのか。20の意味も解らないが・・・

一流企業の経営者として悩み多き日々を送るスーさんと、趣味の釣りと家庭をこよなく愛する万年ヒラ社員のハマちゃんが織り成す人気シリーズの第20作目にして最終章作品。今作では、ハマちゃんとスーさんがシリーズ初となる北海道の大自然を舞台に大活躍する。おなじみのハマちゃんとスーさんを西田敏行と三國連太郎が演じ、ゲストには、松坂慶子、吹石一恵、塚本高史が名を連ねた。『釣りバカ』ならではの色あせない魅力と、ファイナルにふさわしい展開が楽しめる。

たいしたストーリーがあるわけでもないのに、何故人気があるのか解らないのが、このシリーズと寅さんだ。ツアーの帰りのバスで観たのだが、添乗員が「釣りバカ日誌とアバターの2本のDVDを用意しておりますが、皆さん、どちらがよろしいですか?」と満員の乗客に問うた。私は「アバター」に手をあげたが、圧倒的な大差で「釣りバカ」が指示された。好きな女優吹石一恵が出演していたのが救いだ。

おすすめ度  ☆☆☆

製作年度: 2009年
監督: 朝原雄三
上映時間: 118分
キャスト:西田敏行、三國連太郎、浅田美代子

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

20


| | コメント (0) | トラックバック (0)

北鎌倉・円覚寺

1泊2日で箱根と鎌倉のバスツアーに参加。高原列車、登山鉄道、ロープウェイを乗り継いで、箱根を一周、箱根ガーデンホテルで1泊、翌日鎌倉を観光して夜名古屋に帰るという強行軍の日程。
箱根で、2時間の自由時間が設定されていたので、ちょっと足を伸ばして「円覚寺」に行く。円覚寺は初めてで、静かな佇まいに鎌倉の良さを観る。ただ、観光客の数は半端ではなく、多い。静かな北鎌倉というわけにはいかず、人ごみの中での観光となり残念。しかし、このバスツアー、19,980円だ。観光地の滞在時間は短いのは仕方が無いにしても、お得感満載。お年寄りに人気なのが実感できる。クラブ・ツーリズムはこのようなバスツアーの専門会社、薄利多売のお得感いっぱいのバスツアーは、これからも人気が続くだろう。新入社員のツアーコンダクター(添乗員)も好感が持てた。

Dscn9077


| | コメント (0) | トラックバック (0)

乾パン先生とこんぺいとう

知り合いからお借りしたDVDでやっと観賞。以前のDVDプレーヤーが調子悪く再生できなかったDVD。新しくしたので再生してみると一発でOK。面白かった。全16話なのでそんあには長くないので気楽に観ることができる。

ジョンソク高校の歴史の一部として語り継がれている伝説の不良ナ・ボリ。そんな彼女が、憧れの美術教師ヒョヌとの再会を果たすべく、母校の教員採用試験を受けることに。久々にやってきた母校で、教師たちに煙たがられたものの、採用試験合格の知らせを聞いた彼女は大喜び。しかし、ボリに与えられた役目は、普通の教師ではなく「史上最悪の問題児」の監視役だった。
コン・ヒョジン扮する新米教師とどうしようもない不良のコンユ、あこがれの美術教師キム・ダヒョンの三角関係を描く青春ドラマだ。この三人がかっこいいので、ついつい惹き込まれる。特に、コンユはかっこいい。コン・ヒョジンも決して美人ではないと思うが魅力的だった、


おすすめ度 ☆☆☆☆

制作年:SBS 乾パン先生とこんぺいとう(건빵선생과 별사탕, 2005)
演出:オ・ジョンノク
脚本:パク・ケオク
出演:コン・ヒョジン、コンユ、キム・ダヒョン、チェ・ヨジン

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村


Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

バトルフィールド・アビス

名作「白鯨」を現代版にリメイク。全長150メートルの巨大な海の魔王・白鯨と、復讐に燃える船長の極限バトルを描く。バリー・ボストウィック、レニー・オコーナーほか出演。
かの有名な海洋小説、ハーマン・メルヴィルの『白鯨(Moby Dick)』をベースに作られた作品。 今回の『バトルフィールド・アビス』は現代版モーヴィ・ディック、という感じでしょうか。 あらすじ、キャラクターの名前、役職、などは、 原作に忠実。 エイハブ船長の恐るべき執念も原作から引き継がれ、2010年版『白鯨』では潜水艦に乗ってモーヴィ・ディックを追う。 肝心の白鯨のCGがとってもチープで、 何年も前に制作された『白鯨』の映画のほうがよっぽどハラハラドですキドキできる。
ただ単にオッサンが鯨とバトルする話。CGが酷い。

おすすめ度  ☆☆

原題: 2010: MOBY DICK
製作年度: 2010年
監督: トゥリー・ストークス
上映時間: 90分
キャスト:バリー・ボストウィック、レネ・オコナー、マット・レーガン

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェイシング/追跡

原題は'Tenderness'。主演はラッセル・クロウ、「インフォーマーズ 欲望と退廃の日々」のジョン・フォスター、そして「ザ・インタープリター」でニコール・キッドマンの少女時代を演じていたソフィ・トラウブ。「キミに逢えたら!」のアレクシス・ジーナ、更にはローラ・ダーンも出演。
両親を殺害し、服役していた十八歳の青年エリックが釈放される。担当刑事のクリストフォロは彼がまだ別の殺人を犯していると睨んで、彼の後を追う。一方、エリックの釈放をニュースで見た孤独な少女ローリもまた、彼に近づいていって…。
作ったように端正な顔立ちのジョン・フォスターが殺人犯だからどんなサイコサスペンスが展開するのか、あるいはクロウ刑事がメインのハードボイルドなアクションなのか。見る前はそんな予想をしていたが、実際は心が乾いた十代の少年少女の結びつきをナイーヴなテイストで描いたドラマ色の濃い作品。

青年がフラッシュバックする形で過去の事件を見せたりと、全体に結構なテンションの緊迫感は漂っているし、役者も揃っているから見応えは十分。特に物語の鍵になる少女を演じたソフィ・トラウブは、美少女子役上がり特有の幼さと大人びた部分が綯い交ぜになった妙な色気があった。

おすすめ度  ☆☆☆☆

原題: TENDERNESS
製作年度: 2008年
監督: ジョン・ポルソン
上映時間: 101分
キャスト:ラッセル・クロウ、ジョン・フォスター、ソフィー・トラウブ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »