« 次の首相に望むこと | トップページ | ハリーポッターとアズカバンの囚人 »

シャンハイ

中国映画「シャンハイ」を劇場で観賞。上海好きとしては、観ずにはいられない映画である。
租界時代の上海が舞台ということで、興味深いのと、レジスタンスの話なので、血なまぐさい場面も多いと想像できる。「ラスト・コーション」と同じ空気だ。全体的に暗いストーリーだと覚悟して観ることに・・・

『ザ・ライト -エクソシストの真実-』のミカエル・ハフストロームが監督し、1941年の上海を舞台に描くアメリカ・中国合作のサスペンス大作。太平洋戦争勃発前の日本軍占領下の上海で、あるアメリカ諜報部員の死の裏に隠された男女の悲しい運命の物語を紡ぐ。『ハイ・フィデリティ』『2012』のジョン・キューザック、『SAYURI』コン・リー、香港の名優チョウ・ユンファ、渡辺謙や菊地凛子らが豪華共演。激動の時代を生きた人々の愛と宿命のドラマが感動を呼ぶ。

1941年、アメリカ諜報部員のポール(ジョン・キューザック)は、太平洋戦争勃発前の不穏な空気が漂う上海の地を踏む。彼は親友の死の真相究明のためやって来たが、やがて中国とアメリカ、そして日本を取り巻く巨大な陰謀の真相に迫っていく。ポールの周りには、常に彼を執拗に追い回す日本人将校タナカ(渡辺謙)らの存在があり・・・

しかし、予想以上に面白かった。驚くのは、コン・リーの色っぽさ。チャン・ツィイーやタン・ウェイでは、こんな深みは出せないだろう。登場人物もそれほど多くなく、解りやすいのも好感が持てる。

秀作といえよう。

おすすめ度 ☆☆☆☆☆

原題: SHANGHAI
製作年度: 2010年
監督: ミカエル・ハフストローム
上映時間: 105分
キャスト:ジョン・キューザック、コン・リー、チョウ・ユンファ、渡辺謙、菊池凛子

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村 20110328010fl00010viewrsz150x


|

« 次の首相に望むこと | トップページ | ハリーポッターとアズカバンの囚人 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/41402471

この記事へのトラックバック一覧です: シャンハイ:

« 次の首相に望むこと | トップページ | ハリーポッターとアズカバンの囚人 »