« コンテイジョン | トップページ | タキシード »

PLANET OF THE APES 猿の惑星

テレビで放映。

そのユニークな設定と衝撃のラストでSF映画の金字塔となった68年作品を「シザーハンズ」「バットマン」のティム・バートン監督が再映画化。リメイクを超えたリ・イマジネーション(再創造)として甦る。西暦2029年。惑星間の偵察を行っていたスペースステーション、オベロン号に乗る宇宙飛行士レオ。ポッドでの偵察行動の際、謎の惑星に墜落。なんとか脱出したレオだったが、彼はそこで猿に人間が支配されている光景を目のあたりにするのだった。

猿の惑星シリーズは以下の通りだが、この「PLANET OF THE APES 猿の惑星」は2001年制作。最新の「猿の惑星:創世記(ジェネシス) 」を別にすれば、シリーズ最後の作品だった。最初の一作目は衝撃的だったが、その後の4本は今イチだ。しかし、この作品は、もう一度初心に戻って、作り直した感がある。シリーズとは別路線なのが功をそうした。

おすすめ度  ☆☆☆☆

猿の惑星 1968
続・猿の惑星 1970
新・猿の惑星 1971
猿の惑星・征服 1972
最後の猿の惑星 1973

PLANET OF THE APES 猿の惑星  2001
猿の惑星:創世記(ジェネシス)  2011

原題: PLANET OF THE APES
製作年度: 2001年
監督: ティム・バートン
上映時間: 119分
キャスト:マーク・ウォールバーグ、ティム・ロスヘレナ・ボナム=カーター

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村


Photo


|

« コンテイジョン | トップページ | タキシード »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/43016527

この記事へのトラックバック一覧です: PLANET OF THE APES 猿の惑星:

« コンテイジョン | トップページ | タキシード »