« ロード・トゥ・パーディション | トップページ | DENGEKI 電撃 »

大阪ダブル選挙維新完勝

大阪ダブル選挙の維新完勝は国政にどんな影響をもたらすのか。波紋の行方を見守りたい。


私は橋下氏の政治行動を全面支持する。

今回の選挙で、目に余る状況があったころは見過ごせない。

それは、具体的な政策方針に対する正当な批判を示すのならともかく、マスメディアの一角を占める週刊誌「新潮」「文春」などが、束になって橋下氏に対する個人攻撃を展開したのはあまりにも異様であった。

これらの週刊誌は橋下氏の出自、家族、親族のプライバシーなどを狂気の形相で書き立てた。重大な人権侵害の行動である。
 
この中で、今回選挙が実施され、大阪維新の会が圧勝した。このことが示唆するものは大きい。

主権者である国民が、必ずしもマスメディアの言いなりにはならないことが現実の行動で示されたことも重要だ。
 

 
大阪市長選挙では、共産党が独自候補の擁立を中止して、橋下氏の対立候補である平松氏の支持に回った。既存のすべての政党を敵に回しての選挙戦になった。
 
その大阪維新の会が圧勝を遂げた。

閉塞感が溢れる国政に、地域主権を標榜する勢力の台頭は、嬉しい。

そもそも、「地域主権」は民主党のマニフェストの大きな柱だったはず。

その民主党府連は、橋下氏の対立候補である平松氏の支持に回った。「改革」の足を引っ張る側に何故まわるのか。

空気が読めないとしか、言いようがない。


大阪ダブル選挙の維新完勝は、国政の流れを大きくリードすることになるだろう。

「政界再編」の核になるはずである。

|

« ロード・トゥ・パーディション | トップページ | DENGEKI 電撃 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/43173536

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪ダブル選挙維新完勝:

« ロード・トゥ・パーディション | トップページ | DENGEKI 電撃 »