« M:I-2 | トップページ | グーニーズ »

2011年「映画ベスト5」発表!

年末も押し詰まってきたので、今年観た映画のランクを決めたいと思う。
今年観た映画は、全部で306本、劇場で観た映画は22本だった。
昨年は391本なので、激減している。(ちなみに2006年の年間664本が最高)
その理由は、いきつけのレンタルショップがUSVからTUTAYAに変わって、対応が悪くなったことが上げられる。
しかし、300本ペースが今の生活に合っているようなので、来年もこのペースで見続けようと思う。


さて、今年は、洋画が中心となり、中国映画。韓国映画、邦画が極端に少ない。特に邦画部門は、数少ない観賞映画の中から選んだもので、参考にはならないとお断りして、発表します。


中国映画部門

1位 シャンハイ
2位 再開の食卓
3位 小さな村の小さなダンサー
4位 トレジャー・オブ・エンペラー
5位 プロテージ

韓国映画部門

1位 ハーモニー
2位 復讐者に憐れみを
3位 ビバ!ラブ
4位 愛してるマルソンさん
5位 B型の彼氏

洋画部門

1位 猿の惑星:創世記(ジェネシス)
2位 リアル・スティール
3位 キック・アス
4位 カウボーイ&エイリアン
5位 アンストッパブル

邦画部門

1位 悪人
2位 必死剣鳥刺し
3位 ちょんまげプリン
4位 青の炎
5位 おとうと


そして、2011年ベスト映画は「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」に決定。

古典ともなった「猿の惑星」シリーズだが、この映画は、続編ではなくまた新しい「猿の惑星」が始まった印象を持った。昨年の「アバター」の衝撃とは、また違う新しい価値観が生まれたと思う。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

Photo


|

« M:I-2 | トップページ | グーニーズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/43540823

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年「映画ベスト5」発表!:

« M:I-2 | トップページ | グーニーズ »