« シティホール | トップページ | リアル・スティール »

天空の城ラピュタ

昨日のテレビで放映。1986年制作なので、なんと25年前の作品だ。

スウィフトの「ガリバー旅行記」をモチーフに、宮崎駿がオリジナル原案で描いた冒険アクション。空に浮かぶ伝説の島“ラピュタ”や反重力作用を持つ“飛行石”といったファンタジックなプロット、そして躍動感溢れるストーリー&卓越した演出など、宮崎監督の手腕が冴える傑作娯楽活劇。スラッグ峡谷に住む見習い機械工のパズーはある日、空から降りてきた不思議な少女を助ける。その少女・シータは、浮力を持つ謎の鉱石“飛行石”を身につけていた。やがてパズーは、飛行石を狙う政府機関や海賊たちの陰謀に巻き込まれ、かつて地上を支配したという伝説の天空島「ラピュタ帝国」に誘われてゆく。

ジブリ作品の中で「風の谷のナウシカ」の次に好きな映画だ。
久しぶりの観賞なので、ストーリーはすっかり忘れていたが、懐かしく観賞できた。
ラピュタを守るロボットや個性溢れる飛行機など、「風の谷のナウシカ」を連想させるものが数多く登場し、面白い。
そして、海賊たちと徐々に心を通わす場面が感動する。

おすすめ度  ☆☆☆☆☆


原題: LAPUTA: CASTLE IN THE SKY/LE CHATEAU DANS LE CIEL/Castle in the Sky
製作年度: 1986年
監督: 宮崎駿
上映時間: 124分
キャスト(声):田中真弓、横沢啓子、初井言榮

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村


1


|

« シティホール | トップページ | リアル・スティール »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/43324103

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の城ラピュタ:

« シティホール | トップページ | リアル・スティール »