« ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル | トップページ | M:I-2 »

山本五十六

24日(土)に劇場で観賞。

司馬遼太郎のテレビドラマ「坂の上の雲」の山本五十六は渡哲也が演じている。日露戦争で連合艦隊を指揮し、圧倒的な勝利をもたらした司令長官が描かれている。
この映画は、日露戦争後の太平洋戦争の話である。

真珠湾攻撃によって自ら開戦の火ぶたを切って落とす一方、誰よりも戦争に反対し続けた連合艦隊司令長官・山本五十六の実像を描くヒューマン大作。監督は、『孤高のメス』『八日目の蝉』の成島出。山本五十六を日本映画界を代表する名優・役所広司が演じ、海軍大臣・米内光政役の柄本明、軍務局長・井上成美役の柳葉敏郎、新聞記者役の玉木宏ら豪華俳優陣が脇を固める。刻一刻と変わる情勢の中、未来のために突き進んだ日本人の姿を、壮大なスケールで描く注目の一作だ。

「坂の上の雲」で乃木大将を演じた柄本明をはじめ、好古を演じた阿部寛など、何人も出演している。立場が逆転していたりして、ややとまどう。

映画は、やや、美化されすぎている印象だが、「坂の上の雲」後の山本五十六の生涯を知る意味は大きい。

一匹に魚を家族で分け合う食卓が印象に残った。

日本人の品格・プライドが希薄な今、貧しくも志が高い彼らの生き方はまぶしい。

おすすめ度  ☆☆☆☆

製作年度: 2011年
監督: 成島出
上映時間: 140分
キャスト:役所広司、玉木宏、柄本明

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村


Photo


|

« ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル | トップページ | M:I-2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/43514686

この記事へのトラックバック一覧です: 山本五十六:

« ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル | トップページ | M:I-2 »