« ALWAYS 三丁目の夕日 '64 | トップページ | ハッピーフライト »

西の魔女が死んだ

梨木香歩のロングセラー小説を映画化した、祖母と孫のひと夏の暮らしを描いたファンタジー。西の魔女ことイギリス人のおばあちゃんを大女優シャーリー・マクレーンの娘のサチ・パーカーが演じ、ともに過ごす少女に新人の高橋真悠がふんし、豊かな自然の中で心温まる交流をはぐくんでいく。魔女になるための修行を通して語られる一つ一つの言葉がどれも魅力的で、魔法のようにすんなりと心の中に入り込んでくる。

上品なサチ・パーカーの仕草、ものいいがいい。高橋真悠はもう一つの印象。ちょっと、まどろっかしいが、こんな映画があってもいい。

おすすめ度  ☆☆☆

製作年度: 2008年
監督: 長崎俊一
上映時間: 115分
キャスト:サチ・パーカー、高橋真悠、りょう
観賞:録画


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

Photo


|

« ALWAYS 三丁目の夕日 '64 | トップページ | ハッピーフライト »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/43868028

この記事へのトラックバック一覧です: 西の魔女が死んだ:

« ALWAYS 三丁目の夕日 '64 | トップページ | ハッピーフライト »