« インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア | トップページ | シャーロック・ホームズ シャドーゲーム »

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

大好きな父親を9.11のアメリカ同時多発テロで亡くした少年が、父親の残した鍵の謎を探るべくニューヨーク中を奔走する姿を描く感動ドラマ。ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を、トム・ハンクスとサンドラ・ブロックという二人のアカデミー賞受賞俳優の共演で映画化。『リトル・ダンサー』『愛を読むひと』の名匠、スティーヴン・ダルドリーが監督を務める。鍵穴探しの旅で父の死を乗り越え、力強く成長する少年には、映画初出演のトーマス・ホーンを抜てき。ダルドリー監督の繊細な演出と俳優陣の演技が感動を呼ぶ。

9.11の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入ったオスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと考えたオスカーは、この広いニューヨークで鍵の謎を解くため旅に出る。

9.11の悲惨なテロがテーマの映画かと思っていたが、どっちかというと「親子の絆」がテーマの映画だった。気難しい少年オスカーの心の動きを追う展開は、最初なんだかよく解らなかったが、すこしづつ惹き込まれ、ラストは「なるほど」と唸らせられる。鍵のメッセージを解明すべく動くオスカー、それは、おじいさんを始め、周りの人々の愛情によるものだった。

スティーヴン・ダルドリーって、『リトル・ダンサー』の監督だったのねん。

おすすめ度  ☆☆☆☆☆

原題: EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE
製作年度: 2011年
監督: スティーヴン・ダルドリー
上映時間: 129分
キャスト:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン
観賞:劇場


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

Photo


|

« インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア | トップページ | シャーロック・ホームズ シャドーゲーム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/44280531

この記事へのトラックバック一覧です: ものすごくうるさくて、ありえないほど近い:

« インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア | トップページ | シャーロック・ホームズ シャドーゲーム »