« 戦火の馬 | トップページ | EXPO 2012 YEOSU KOREA 「The Big-O」 »

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

イギリス初の女性首相として強力なリーダーシップを発揮したマーガレット・サッチャーを、『クレイマー、クレイマー』『プラダを着た悪魔』のメリル・ストリープが演じる人間ドラマ。1979年の就任以来、強気の姿勢でイギリスを導いて“鉄の女”と称されたサッチャーの誰もが知る姿と、その裏に隠された孤独な一面を繊細に描き出す。監督は、『マンマ・ミーア!』でメリルと組んだフィリダ・ロイド。サッチャーの夫を、『アイリス』や『ハリー・ポッター』シリーズのジム・ブロードベントが演じる。ハリウッドを代表する演技派女優、メリルの渾身(こんしん)の演技が見どころだ。

“鉄の女”サッチャーの実態が解って面白かった。メリル・ストリープの女優魂をたっぷり観せてもらった。しかし、映画としては、物足りない。ボケ始めたサッチャーの描写が多すぎて、彼女の魅力を半減させている。そんな手法はいらないと感じた。

おすすめ度  ☆☆☆☆

原題: THE IRON LADY
製作年度: 2011年
監督: フィリダ・ロイド
上映時間: 105分
キャスト:メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、オリヴィア・コールマン
観賞:映画館


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

Photo


|

« 戦火の馬 | トップページ | EXPO 2012 YEOSU KOREA 「The Big-O」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/44638299

この記事へのトラックバック一覧です: マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙:

« 戦火の馬 | トップページ | EXPO 2012 YEOSU KOREA 「The Big-O」 »