« サラの鍵 | トップページ | 巨人の手 »

白夜行

今まで舞台化やテレビドラマ化されてきた、東野圭吾の人気小説を、『60歳のラブレター』の深川栄洋監督が映画化。ある殺人事件にかかわった人々の複雑な人間関係を軸に、19年に及ぶ男女の狂おしい愛情を描く。『ALWAYS 三丁目の夕日』などの堀北真希が聖女の顔をした悪女役で新境地を開拓。彼女の守護神のような相手役を、『おにいちゃんのハナビ』の高良健吾が好演する。互いの存在だけを頼りに必死に生き抜こうとする男女に課せられた残酷な宿命に言葉を失う。

同名の映画が2009年韓国でも制作されている。ヒロインはソン・イェジン。こちらも観てみたい。毎日、NHKドラマ「梅ちゃん先生」を観ているせいか、堀北真希の悪女役は、似合わないが、やはり魅力的だ。

おすすめ度  ☆☆☆☆

製作年度: 2010年

監督: 深川栄洋

上映時間: 149分

キャスト:堀北真希、高良健吾、姜暢雄

Photo


|

« サラの鍵 | トップページ | 巨人の手 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/46382492

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行:

« サラの鍵 | トップページ | 巨人の手 »