« ダークナイト ライジング | トップページ | 決闘の大地で »

トータル・リコール

フィリップ・K・ディックの短編小説「トータル・リコール(旧題:追憶売ります)」を映画化し、大ヒットした『トータル・リコール』をリメイクしたSF大作。監督を務めるのは『ダイ・ハード4.0』のレン・ワイズマン。かつてアーノルド・シュワルツェネッガーが演じた主人公を『フライトナイト/恐怖の夜』などのコリン・ファレルが演じ、その妻を『アンダーワールド』シリーズのケイト・ベッキンセイルが熱演する。迫力満点のアクションがさく裂する斬新な映像に目を奪われる。

1990年作の『トータル・リコール』は、シュワルツェネッガー・シャロン・ストーンが出演。「ロボコップ」のポール・ヴァーホーヴェンがフィリップ・K・ディックの短編小説『追憶売ります』を基に描いたSF・アドベンチャーだ。西暦2084年。火星の夢にとりつかれた一人の技師が、夢による疑似体験を受けようとした事から何者かに命を狙われ始める。今の記憶が植え付けられた物である事を知った男は本当の自分を探すため火星へ飛び立つというもの。

設定は異なるが、アイデアは同じという感じ。面白い。未来の都市も興味深かった。

おすすめ度  ☆☆☆☆☆

原題: TOTAL RECALL

製作年度: 2012年

監督: レン・ワイズマン

上映時間: 118分

キャスト:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビールPhoto


|

« ダークナイト ライジング | トップページ | 決闘の大地で »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1262821/46709301

この記事へのトラックバック一覧です: トータル・リコール:

« ダークナイト ライジング | トップページ | 決闘の大地で »